« NHKの番組 「プロフェショナル」から | トップページ | 目には目を »

2016年1月26日 (火)

ここで一息いれましょう!

このブログでは、もう少し動物園の写真が続きます。
そこで、というのでもなく
息抜きの動物たちをご紹介して参りましょう。

ここは歌舞伎座に併設された、ギャラリーです。
歌舞伎愛好者ならずとも、
訪れると歌舞伎の魅力に引き込まれます。

歌舞伎に遣われる小道具や大道具。
あるいは衣裳などが展示されており、
擬似花道での記念撮影や、鳴り物打ちなどを体験できます。

さて、ほにほろと名付けられた道具。
3c22x59y147t84img_4274
現代に受け継がれている民謡踊りでも見られます。
役者が肩からさげた馬の張り子の馬。
歌舞伎では波間で争う武士の所作で遣われるようです。
江戸時代、張り子の馬を腰につけた飴売りが
「ほにほろほにほろ」街を売り歩いたことが始まりとか。

3c28x62y121t84img_4276
間近で見ると結構大きくて重そうです。

これは猪。
3c24x34y101t80img_4271
劇中では、きっと悪さをするのでしょうが
どことなく憎めない表情は、やはり芝居なるが故ですか?

歌舞伎で、馬は大きな役割を果たすようです。
3c289x48y144t84img_4281
これは役者さんが跨る馬です。
中に二人の役者さんが、それぞれ前足と後ろ足を担当。
跨る役者さんと息を合わせないと、芝居にならないとか。
細々な熟練の技が要求される存在です。

3c25x62y16x23y132t84img_4285
ここぞとばかり、跨って祈念撮影をされる見学者が絶えません。
が、和装の女性が「これ、跨れないわ!」との一言。
残念でしたね。
芝居をする馬の紹介映像で、花道を下がる馬が
勧進帳の弁慶よろしく、大見得を切って下がる姿には笑いました。

広く浅く歌舞伎の魅力の魅力に接することが出来るギャラリー。
一度訪れると、一幕見でも歌舞伎を覗きたくなることでしょう。
235x189y84img_3576

|

« NHKの番組 「プロフェショナル」から | トップページ | 目には目を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKの番組 「プロフェショナル」から | トップページ | 目には目を »