« 今年も変らぬ出し物で・・・ | トップページ | 三脚は欠かせぬが・・・ »

2015年11月17日 (火)

雨粒をとどめて ~菊マクロ~

菊の花は不老長寿の象徴とされていたそうで
旧暦九月九日の重陽の節句には
様々な形で菊の花が用いられたといいます。
菊の被せ綿 もそうした習わしの一つとかで
前日(八日)、菊の花に真綿を被せておき
九日になって、朝露を吸い込んだ真綿で身体を拭くと
若返るといわれていたそうです。

7c199x219y147t84img_1973

本日の菊は、新暦11月半ばの花.。
前夜から早朝にかけて降った雨の粒が
菊花に纏わりついています。
昼頃から陽が出てきて、そうした雨粒を輝かせ始めました。

それにしても、菊と一言で言って多様な姿をしているものです。
11c227x218y134t84img_1952
私なぞ、菊の花で真っ先に思い浮かべるのは
墓前や仏壇に飾る、所謂、仏花という体たらです。
精々が、この時期盛んに開かれる菊祭りで展示される
菊人形として彩りを添える小菊あたりでしょうか?

9c188x234y108t76img_1963
この花から辛うじて思い浮かべるのはマーガレット。
おそらく、その種類なのだと思います。

11c144x162y147t84img_1969
2枚目の黄色い菊と同様に
こうなると菊とは思えない姿をしています。

9c201x120y140t84img_1998
これは西洋系の菊なのでしょうね。
知らぬは私ばかり也。
情熱的な色に驚かされています。

9c158x169y15t84img_2000
初夏の紫陽花に限らず
花に水滴はよく似合うようです。
しっとりとした花は、器量が数段上がるようです。

|

« 今年も変らぬ出し物で・・・ | トップページ | 三脚は欠かせぬが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も変らぬ出し物で・・・ | トップページ | 三脚は欠かせぬが・・・ »