« カメラウイドゥの奇禍 | トップページ | 秋の気配 »

2015年8月22日 (土)

夏の校歌

高校野球、夏の甲子園大会が幕を閉じました。
毎年、新入生が甲子園に憧れ野球部に入る。
そこまで球歴のある同級生なぞ知らず
彼はひたすら野球に打ち込み、聖地をめざす。

野球なんて、全く興味を示さなかった少女が
イヤイヤ、スタンドに座っているうち
これまで知らなかった、心を打ち震わす刻を体験する。

同級生でもないのに、顔を見たこともないのに
いま、グラウンドを駆け巡る校友たちの真摯な姿に
いつしか手を握り締め、声を張り上げて応援している。

試合を中断して、全校生徒が立たされて・・・歌うの!?
ナンだっけ!? 一度、全校応援の練習で歌わせられた。
その時は、ナンでこん歌と思ったけれど
声を張り上げて歌ってしまった。

試合に負けて、もう一度、その歌をうたった。
歌いながら空を見上げると、夏空にわきあがる入道雲。
汗だか涙だかわからず、選手たちの顔に張り付いた泥んこ。
私は、来年もう一度、この歌をうたえる。
野球部諸君! 泥んこ球児たち。
勝っても負けても、私は来年もこの歌で応援するよ!!

栄冠は 君に輝く

|

« カメラウイドゥの奇禍 | トップページ | 秋の気配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメラウイドゥの奇禍 | トップページ | 秋の気配 »