« 自然光の具合が好きで | トップページ | 創り噺 »

2015年8月15日 (土)

8月15日に寄せて

日本が米国、ひいては世界を相手に戦争を仕掛け
結果、一億総玉砕などと物騒な流れを作った
愚かにして、無謀な戦争の終結から70年。

私は、その戦争の実態を知らぬ。
また、いま日本を統べる内閣総理大臣もまた
その悲惨だった時と場所には居なかった。

それでも尚、日本国民を戦地に送りたいなら
総理大臣、国務大臣、国会議員、官僚諸兄は
まず、あなたたちが安全という地に趣きなさい。
一年間、そこで過ごして、
安全な地として、尚も国民を派遣すると強弁できるなら
私たち国民は、あなたたちの主張を支持しよう。

しかしながら、あなたたちが、
永田町やら霞ヶ関界隈でウダウダして
好戦的な法案を国会通過させようとするなら
永田町でも霞ヶ関でも、あなたたちの生命の保証はない。
と、お考えなさい。
あなたたちの生命、それは議席であり、栄達の道だ。

|

« 自然光の具合が好きで | トップページ | 創り噺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然光の具合が好きで | トップページ | 創り噺 »