« 宵の口だが、くらやみ祭り。 | トップページ | 春薔薇   ~第一便~ »

2015年5月10日 (日)

撤収! くらやみ祭り

大國魂神社の例大祭は、大型連休の内で行われます。
5月4日は大太鼓が辻々で打ち鳴らされ、大音声を響かせます。
また囃子方が乗った山車が繰り出し、賑やかな宵となります。

祭りの盛り上がりは、5月5日の御輿渡御で最高潮に達しますが
神事として長い伝統を護り続ける例大祭は
4月30日の神事で始まり、5月6日に御輿が神社に還ることで
全ての神事を終えます。
ただ単に、御輿を中心に騒ぐ観光行事ではありません。

37x62y135t64img_7533
御輿渡御に先立ち大太鼓が道先で打たれ邪気を祓います。
祭りに携わる人たちは、決められた装束を着け
勝手な装束の者は排除されます。
御輿の担ぎ手は白装束に烏帽子といった装束が正装であり
ねじり鉢巻に法被姿で御輿を担ぐ力仕事と一線を画します。

148t84img_7515_2
神官たちが御輿の先導を勤めます。

7c62x68y146t84img_7520
普段、神殿に祭られている宝物なども御輿の先を進みます。

さて、見物する者にとって難儀なのはこれからです。
神社を出て御旅所まで、御輿が移動する道筋は距離が短い。
従って限られた場所に多くの見物人が集まります。
いつものことなら大人が三人拡がって歩けばいっぱいに成る歩道。
見物人は三重四重に並んで御輿を待ち
その後ろを通行する人々が双方向に移動します。
その混乱は御輿が近づくにつれ激しくなります。
今年に限った混乱ではなく、毎年繰り返されているのでしょうが
解決の糸口がないとみえます。

後ろから押され斃れそうになるのを堪えるのが精一杯で
カメラを構える余裕はありません。
仮に押しつぶされても圧死するほどでは無いにしろ
本来の目的である撮影が出来ないことと
今後の混乱を配慮して早々に退散を決めました。
せっかく来たものの御輿を見られないのは残念ですが
欲をかいて墓穴を掘らぬ、賢明な判断かと思います。

このような事情で御輿の画像がありません。
ご容赦願います。

|

« 宵の口だが、くらやみ祭り。 | トップページ | 春薔薇   ~第一便~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宵の口だが、くらやみ祭り。 | トップページ | 春薔薇   ~第一便~ »