« 珈琲のひととき | トップページ | 相撲通の方は素通りください »

2015年2月10日 (火)

鶏卵料理について考える  ~初夜~

アレまっ! 初夜だなんて死語ですなぁ・・・
  話のノッケから横道にそれました。

鶏卵は、安価で栄養を備えた優良な食材として
永く我が国の食卓を支えて参りました。
そこが最近、僅かずつながら値上がり傾向にあります。
それでも庶民の手が届く範囲のこと
鶏卵の需要に翳りはなさそうです。

さて、鶏卵料理と聞いて
皆さんは如何なる料理を思い浮かべますか?
様々な料理がありそうですが、鶏卵単独の料理と限定すれば
玉子焼き、目玉焼き、ゆで卵に尽きましょう。

玉子焼きは、幼い頃からの好物でしょうし。
目玉焼きは、小学校の授業で作った初めての料理では?
ゆで卵は、運動会や遠足には欠かせないご馳走でした。

こう考えると、私たちと鶏卵は切っても切れない関係といえます。
私らの歳になると、庭先で餌をついばむニワトリを見ています。
毎朝、そのニワトリが産んだ卵を鶏舎から取り出したりして・・・

先に挙げた卵料理三種。
単純なるがうえに、各々方の思いいれは様々だと推測します。
玉子焼きをとっても、甘いか甘くないか。
薄めに焼いて巻いたか、厚焼き玉子焼きか。
具が入っているか、いないか。
出汁を使うか、使わないか。

目玉焼きは片面だけ焼くか、両面焼きか。
ハムやベーコンは添えるやいなや。
味付けは塩か醤油か、はたまたソースか。
そもそも目玉焼きと云うからに、2個焼きに拘るか。

ゆで卵の、ゆで加減はどうするか。
固ゆで、半熟、さらにトロ~リ未熟。

勝手に三種を挙げましたが
スクランブルエッグやオムレツ
温泉たまごにポーチドエッグと、鶏卵料理は多種多彩。
それぞれ皆さんが一家言お持ちのようですが、いかが?

|

« 珈琲のひととき | トップページ | 相撲通の方は素通りください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珈琲のひととき | トップページ | 相撲通の方は素通りください »