« アルバムを更新しました | トップページ | 来たっ! かな・・・ »

2015年2月18日 (水)

帆船 日本丸  ~多分、本章~

最先端の技術を駆使した船舶で
海の男、あるいは海の女として活躍する下地を
このような優雅な帆船で訓練できたら・・・
その志を持たない私でさえ、心が躍る想いをしました。
訓練帆船日本丸 (読みはニッポンマル)
進水は1930年(昭和5年)。

5c172x160y139t84img_4315
太平洋の白鳥とか、海の貴婦人と呼ばれたといいます。
1984年(昭和59年)引退までの54年間に
183万kmを航海しながら11,500名を育てたそうです。
現在は横浜・みなとみらい地区の日本丸メモリアルパークで
現役時代を彷彿とさせる姿で保存されています。

5c90x109y84img_4233
本来は29枚ある帆の全てが拡げられていれば
それはそれで壮観なのでしょうが・・・

5c30x47y84img_4252
横浜ならではの、ランドマークと主マストとのツーショット。

7c47x69y84img_9439
船内を見学しているとボランティアの方が説明してくださる。
おそらく嘗ての乗船員か指導官だった方だろうと推察。
他にも船体の維持にボランティアが携わっておられるというし
29枚の帆全てを拡げる総帆展帆の際にも
多くのボランティアの皆さんが尽力なさっておられるとか。

13c91x80y68img_9468
航海に無くてはならないのが羅針盤。
陸を見ながら航海する沿岸航法なら必要ありませんが
見渡す限り水平線という外洋航海では欠かせません。
まして昼夜を問わず航行するには、まさに命綱。

9c28x46y116t68img_9466
そうした厳しい現実を忘れるかのように
上級乗組員専用の食堂には日本丸のステンドグラス。
単なる訓練を目的とするだけでなく
海の粋を取り込んだ船体については次回?

|

« アルバムを更新しました | トップページ | 来たっ! かな・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルバムを更新しました | トップページ | 来たっ! かな・・・ »