« 夜の銀杏並木 | トップページ | 転んでも、なお汐留。 »

2014年12月 1日 (月)

汐留のイタリア街

我が国で初めて鉄道が開通したのは
東京の新橋から、横浜の間のことでした。
この新橋駅があったのが汐留です。

東海道線が開通したおり、始発駅が東京駅となり
汐留は貨物専用駅になり廃れました。
汐留シオサイトなど、オフィスや商業施設で再開発し
注目されましたが、いま一つ発展しているとはいいがたい。

そうした汐留地区で、イタリアを模した街並みを訪れました。
この汐留地区は開発に統一性がないのか、どこへ行くにも
迷ってしまう不便な地区です。

漸く到着した街の規模は小さく、
イタリアという印象が薄いので期待外れは否めない。
漸く、それっぽい一角を見つけカメラを向けました。

丁度、愛車をイタリアの街角に置いたと想定して
撮影しているオーナーが居たので、私も便乗しました。
因みに、この車は北欧のメーカーのものです。

訪れたことがないイタリアのこと、無責任な記事です。

5c8x26y140t70img_3396

|

« 夜の銀杏並木 | トップページ | 転んでも、なお汐留。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の銀杏並木 | トップページ | 転んでも、なお汐留。 »