« 流れ果てし、ひとつ星。 第九夜 | トップページ | 流れ果てし、ひとつ星。 第十夜 »

2014年8月18日 (月)

平穏な休日の驚愕な瞬間!

7c138x168y147t68img_9135  若いカマキリが
 木の幹をを元気に登っていきます。
 今でこそ元気な様子ですが、
 少し前はカタマッタキリでした。





コトの発端は
このカマキリが、その向こうに見える鉄製の電柱に登らんと
悪戦苦闘していた様子を見ていたオヤジの御節介にはじまる。

いくら老練なカマキリにしたところで
牛車に立ち向かう蟷螂の如く
鉄製の電柱に登るのは至極難しかろう?
よしんば登れても、その上には腹の足しになる食糧は無い。

炎天下、そんな所でモタモタしていると熱中症になるよっ!
そこに登場したのが正義の味方?
いや、見方次第では単なるお節介なオヤジ。
件のカマキリ君を、手前の木に移してやりましたが・・・
思いもかけない身の上に、恐怖と驚愕のあまり
固まってしまったのが下に様子です。

9c58x35y131t72img_9126  目が点になっています。
 一時は。このまま動かないので
 心臓が止まったかと心配しました。


それでも数分後には、こんな芸当が出来るほど
元気を回復してくれました。
メデタシ、メデタシ。

5c20x27y146t72img_9147

|

« 流れ果てし、ひとつ星。 第九夜 | トップページ | 流れ果てし、ひとつ星。 第十夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流れ果てし、ひとつ星。 第九夜 | トップページ | 流れ果てし、ひとつ星。 第十夜 »