« 流れ果てし、ひとつ星。 別夜・四 | トップページ | 流れ果てし、ひとつ星。 第三夜 »

2014年7月21日 (月)

まだ子供? いくら何でも手を出せない!

旦那、早とちりはよしてくんな!
アッシだって、昨今問題の犯罪には手を染めませんや。

いえねぇ、在宅シェフ (その本質は兼業主夫)
近所のスーパーに買出しに行ったと思いねぇ・・・
この29日に夏の丑の日を控えた商売人は
ここぞ!と鰻の蒲焼を売り込みをかける。
このところ資源不足から高値が続く日本鰻。
せいぜい安値で提供しょうと思うのは商売人の矜持だ。

チラシで鰻の安売りとあったものの
限度は見据えていたハズでござんすよ。
それにしてもだ!
安値の蒲焼を見て、思わず絶句!!
チョイト前のこと、マダガスカル産の鰻の話をしました。
その長さは17~8cm、幅たるや7~8cm。
従来の日本鰻の蒲焼と比べ、半身ほどの大きさ。

それが今日見た蒲焼は、国産でもマダガスカル産より
一回り以上は小さい。
思わず口に出たのはむごいっ!
こんな小さい鰻を食うから、資源が枯渇するっ!!

今更、蒲焼になった小さい鰻に涙しても詮無いが
それにしてもねぇ・・・
そこまでして鰻を喰いたいかえ!?

|

« 流れ果てし、ひとつ星。 別夜・四 | トップページ | 流れ果てし、ひとつ星。 第三夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流れ果てし、ひとつ星。 別夜・四 | トップページ | 流れ果てし、ひとつ星。 第三夜 »