« 上田潤カメラマンの、この一枚が好きです。 | トップページ | 2014年夏 終焉 »

2014年7月 1日 (火)

河岸の休日

東京都内に11ヶ所ある卸売市場の中で最大。
世界でも有数の取引高を誇る築地市場。
素人には土曜日を中心に、場内・場外を問わず大人気だ。

海外からの観光客も多く、玄人がしのぎを削る場内で
観光客の立ち入りが商売の邪魔になると問題になった。
そんな市場でも、日曜ともなれば閑散とし
寿司チェーンの店舗が威勢よく客を呼び込んでいる。
そんな休日でも、ポツポツと開店している店がある。
そんな休日の場外 (築地場外市場商店街) を歩いてみた。

甲羅干
66x45y150t64img_8097
 この様子からみると
 よく働いて、今は隠居の身か?
 陽射しを浴び、気持ちよさそうだ。
 おつかれさま。





古今東西
7c123x133y148t72img_8099  築地市場は立ち並ぶビルの
 狭間に位置しているが
 朽ち果てそうな建物は、お寺さん。
 外国人の買い物客と対照的。


活きがいいよっ! 持って行かに蟹!!
7c45x24y150t72img_8101  

 鮮度が勝負。
 売り込みに力が入る。


ジョーズ
4c112x95y137t72img_8134  ただし、コイツは人は喰わず
 人に喰われる。



同業対決
7c234x223y138t72img_8127  横丁を挟んで向き合うのは
 玉子焼きを商う二店。
 右は休日。
 左は一口サイズの玉子焼きを売る。


河岸のスーパーカー

7c91x75y141t64img_8129  ターレとか、ターレー。
 あるいはバタバタなどと呼ばれ
 狭い通路を自在に走り抜ける
 ターレットトラック。
 自在に乗りこなして一人前?
 店の名前入りが誇らしい。



是非とも、市場が開かれている平日・土曜日に訪れ
商いの賑わいを愉しみ
新鮮な食事に堪能なされては如何?

くれぐれも、商いの邪魔にならぬよう、ご注意あれ。

|

« 上田潤カメラマンの、この一枚が好きです。 | トップページ | 2014年夏 終焉 »

コメント

昨日、近所にある市場で朝食兼昼食をいただきました。
佐賀県産「黒毛和牛丼」と、本マクロ刺身のセットです。
こういう市場飯って、高いと思っちゃいますけど、よくよく考えるとお得感有りって思いました。だって、良い食材なんですよね~

投稿: 川崎 | 2014年7月20日 (日) 23時12分

例えば、築地場外の喰いもの屋は場内と直結。
場内の人間の胃袋を満たすのですから
ハンパな商売では成り立たないと思います。
その玄人の舌を唸らせる料理が並ぶ場外。
B級グルメの知らない奥が潜んでいそうです。

安物買いの銭失い、は論外。
品質に見合う価格は、高いがお値打ち。
チョイト前まで、それらを値打ちモノといったと思います。

それにしても、以前、知人の連れられて行った
横浜の中央卸売り市場?
その一角にあった蕎麦屋かラーメン屋。
なぜか新鮮な海鮮ものが隠れメニュー?
大皿に盛った刺身、丼飯、汁もので1000円。
これにはブッタマゲました。


投稿: kattu | 2014年7月20日 (日) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上田潤カメラマンの、この一枚が好きです。 | トップページ | 2014年夏 終焉 »