« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

上田潤カメラマンの、この一枚が好きです。

ある人たちにとって、五輪より重要な意味をもつのが
蹴球の世界一決定戦。
予選リーグで白熱した試合が続き世界を魅了したが
決勝トーナメントは、一段と熱狂の渦が巻き起こるだろう。

ワタシ、蹴球には然程の興味をもっていません。
まぁ、社会通念としての認識は持っているつもりですが・・・

そんな日々、新聞の紙面を繰ると、
どうしても蹴球世界戦の写真が目に入ってきます。
殆ど、飛ばして見て、一瞬ですら目が止まる写真は
ほぼ通信社が配信したもの。
中には署名写真もあるが、イマイチ精彩を欠くと感じるのは
肝心な日本代表の戦績が芳しくないからか?

去る6月27日、貴紙の夕刊。
あなた、上田カメラマンが撮影された一枚に接しました。
う~~ん、よい一枚だ!
その写真を見て、思わずワタシがもらした一言です。

世間のオヤジが、ころもあろうにプロのカメラマンの一枚に
偉そうな一言を漏らすことが許される要因があるとすれば
何十年もの間、貴紙を購読してきた読者の傲慢に過ぎません。

この一枚の写真は、たとえ世界蹴球の門外漢に見せたとしても
やはり高い評価を得られると思います。
なぜなら、この捉えられた一瞬に、蹴球を超えた
人間の生き方を読み取ることが出来るからだと思います。
この男が、蹴球界の世界最優秀選手だからではなく、
ひとりの男が背負う孤独と憂愁を読み取るに余りある一枚。

ワタシは、デジタル版で上田潤カメラマンの写真を拝見しました。
そのどれもが、刹那を捉えた息詰まる写真の数々でした。
あの躍動する一瞬を捉えられるからこそ、今回の一枚がある。

剣術の極意、そんなものは知るよしもありませんが
常に真剣勝負の場に己を置き、鞘の内で勝負を決する。
そんな 居合い を思わせる写真の数々に魅了されました。

追伸
同僚のSカメラマンのご活躍にも声援をおくる購読者です(笑)。

| | コメント (2)

2014年6月25日 (水)

戻っておられます

突然でですが、ココで問題です!!
  (因みに、本日の記事のカテゴリーは馬鹿ばっかりです。)

ワタシ、本日、ある人からタイトルの言葉をかけられました。
この 戻っておられます とはナニを指すのでしょうか?
お答えください。答えは三択です。

[答え、その1]
発言者:我が家の執事 (ヒツジじゃござらん。黒服の執事)
先週のコト・・・
カナリのイザコザから、配偶者が実家に帰ったままだったが
今夜、帰宅した際、執事からかように報告を受けた。
奥様が・・・・・

[答え、その2]
発言者:住まいする自治体と提携している企業の看護師
3月前、生活習慣病の検診で、ご他聞に洩れずメタボ診断。
一念発起して先月の検診では、メタボ解消!!
それが今月は油断して元の木阿弥・・・・・

[答え、その3]
発言者:量販店の店員
先日、故障したデジタル・カメラを修理に出した量販店から。
修理が終わって戻ってきた知らせ。
カメラの修理が終わって・・・・・

この問題の正解は、言わずもがな・・・
しかし、正しい日本語の用例に非ず。

| | コメント (2)

2014年6月22日 (日)

ン百万円の乱舞?

毎度、詰まらぬタイトルに誘われ当ブログに起こし頂いた皆様
お騒がせいたして申し訳ありません。
さぞ、無駄な時間を費やし、ご迷惑をお掛けしたと思います。

新たな話題。
本人は、その埋め合わせのつもりですが
皆様には、更なる迷惑かと・・・

東京都臨海水族園。
クロマグロが大水槽で回遊していました。
松方ナンチャラほどの大物は居ませんが、それでも大きい。
回遊速度は速いですが、大洋では更に早く泳ぐのでしょうね。

心持ちがヤワな私は生きたクロマグロに接し
暫くは鮪の刺身を控えようと、心に決めました。
フンッ! 懐具合だろう。と?
ご明察。

因みに、この後デジカメが壊れました。

15s5c190x179y100t68img_8653

| | コメント (2)

お待たせして申し訳ありません

当ブログの更新のこと? 
図書の貸し出しを待っていらっしゃる方々への謝罪?

まぁ、どちらもですね。
オマケに、カメラが壊れて新しい写真が無いので
4月に帰省したときの写真で茶を濁す横着さです。

実家近くの公園で遊んだ小学生の当時
今日の写真の野外ステージの辺りには
野球場のバックネットがありました。

時にプロ野球のイースタンリーグが試合をしましたが
小学生だと無料公開された高校野球の夏の地区予選
これが狙い目!
朝から出掛け、野球観戦に飽きると場外に出て
公園のアチコチで遊び、また野球場に戻る。
そんな一日を過ごしていました。
僅かな小遣いをポケットに、夕方まで遊ぶには困らなかった。

9c74x55y64img_7545

| | コメント (0)

2014年6月20日 (金)

御免

多忙につき、拙者ブログの更新に猶予くだされ。
 (更新の滞りは何時ものコトとだべ!?)

図書館に予約した図書が3冊、順番がきて借りました。
私の後に、50人から60人の順番待ちがいらっしゃる。
同時に3冊はキツい。
兎に角、読まねば返さねば!

| | コメント (2)

2014年6月16日 (月)

この池の畔で・・・

6月3日の記事、この道で紹介した道の先に、この池がある。
訪れたのは4月の帰省時で、どこかウラ寂しい雰囲気だ。
しかし、夏になれば緑が栄え、市民の憩いの場となる。
とは、想像だ。
私が子供の頃は、確かにそうだった。

8c34x15y220x213y146t72img_7542

池の向こう側の建物が見える方向に、嘗ては茶店があった。
休日など、さんざめく家族連れを目当てに
飲み物や軽食を供する店で、併せて貸しボート屋を営む店だ。

かなり前のこと、この池の畔で、一日遊んだとき、
この茶屋から流れる昭和の代表的な歌謡曲である
西田佐知子のエリカの花散るときを聴いいたと回想した。

水遊びに飽きれば、丘に登り木々の間に戯れ、
或いは遊具で時を忘れ遊んだ記憶がある。

すでに何年も前から様変わりした公園であっても
訪れる度に子供の頃を思い出すのは
安っぽい郷愁か、はたまた残された刻への寂寥か・・・

| | コメント (0)

2014年6月15日 (日)

厄日か!?

モバイル系の問題で、その機器のメーカーのサポートを受けた。
メーカー(A社)は懇切丁寧に色々と対応してくれたが
万策つき、結果はお手上げ。
関わりがあるパソコンのメーカーに問い合わせるよう
最後の判断を得た。
この結論に至るまで、モバイルメーカーは最善の対応を
してくれたと思う。

ケータイカメラで撮影した写真を
パソコンに撮り込めない問題を解決したいのだが・・・
以前は可能だった取り込みが、ある時期から出来なくなった。
モバイルとパソコンが同じメーカーなら難なく出来ることが
異なるこメーカー間(OS)で問題を生じているのだろう。

問い合わせたパソコンメーカー(N社)の対応は
まさに木で鼻をくくるが如く。
互いに接続するUSB端子に問題が無いと判断するや
モバイル側の問題だから、そちらに問いただせ、と。

高校出たてのアルバイトが如き女子が対応して
自社には万に一つの間違いもない、といった言い草。
遂、その言い草はモバイルメーカーに喧嘩を売るものだ!と
身代わりで喧嘩をしてしまった。
問題の所在を突き止め、障害を排除して問題解決を図る
そんな意志のカケラも感じられない対応には驚かされる。
N社とのやりとりは10分あまりで終結。
何のためのモバイルメーカーとの遣り取りだったことか?

そんなこんなで、問題が解決されなく浪費された3時間あまり。
わしゃぁ、そんなヒマ人ではないのだよ。
N社め、オレの3時間を返せっ!!

| | コメント (0)

2014年6月11日 (水)

観ている? 見られている?

東京都葛西臨海水族園に行って参りました。
梅雨空が心配でしたが、どうにか曇天でもってくれた。

動物園でも、水族館でも、
時どき、自分が置かれた立場に疑問を抱きます。
そこに居る生き物を観ているつもりが、実は見られている?

9c72x56y189x200y113t64img_8543  魚類とは思えない面構えです。
 あなたの近くに、こんな人いませんか?






9c72x26y134t72img_8516  人間より深く考え、悩みを抱えている?




9c61x44y122t72img_8566  ここまで来ると、もういけない。
 私では太刀打ちできません。
 考える石です。

| | コメント (0)

2014年6月 8日 (日)

驚愕!

日々、使っているデジタルカメラ(コンデジ)が故障しました。
早速、修理に出したものの、2~3週間は戻らないか?
その間、手持ちの画像で凌げますかねぇ。

そもそも、日頃から更新を怠っているブログですし
さほどの問題は起きないものと・・・
それは達観? 或いは諦め?

| | コメント (2)

2014年6月 7日 (土)

ツユシラズ

6月5日、関東地方は梅雨に入ったと思われる。
そんなニュースを知ったのは、当日の夜。
完全に世間から隔絶された感じに襲われます。

この時期、鬱陶しい雨なれど、降らねば
夏、水不足を心配せねばならぬ。
集中豪雨は御免被りたいものの、
お湿りは、日々の生活の糧です。

嫌われ者になりがちな雨ですが
私は、さほど嫌いではありません。
もっとも、自分は濡れない室内に居て
雨の風景や、傘を差す人を見るのが好きという
極めて身勝手な注釈つきなのですが・・・

梅雨の時期、毎年いわれるのが 梅雨の無い北海道
確かに一月近くも雨が続くことは無いにしろ
七月初めの一時期は雨が多く、気温が低い何日かがあります。
エゾツユとでも命名して、独自の風物詩にしたいものです。

30r11c37x43hy151t72img_8438

| | コメント (2)

2014年6月 3日 (火)

この道

私が実家や故郷を想うとき
まず脳裏をよぎる風景の一コマがこれです。

5c78x44y149t68img_7533

今でこそ遊歩道として整備され、
散策する人たちには欠かせない道になっているのでしょうが
私の記憶にある風景では、道幅がもっと広かった。
舗装されていない道路が当たり前の時代です。
当時、輸送の中枢を担っていた車両にオート三輪があり
砂ホコリを舞い上がらせながら疾駆した頃・・・

ヒマがあると、当時の私は、この道を辿り、
その先にある公園で遊びました。

当時、この道の左手には法務省の更生施設がありました。
高く、長く続くコンクリートの塀は殺風景であり、
外に拡がる戸外作業用の畑は広かったと記憶しています。

その公園と、周辺の居住区画は緑ヶ丘と呼ばれていました。
里山ほどの広さをもつ公園は、杜と呼ぶにはおこがましい。
木々に囲まれた、まさに緑の丘でした。
野球場や陸上競技場などのスポーツ施設や、
子供たちのための遊戯施設もあり、充実した公園でした。

この公園に、何を目的として行くのではなく
ただ暇潰しに出掛けたのですが、一日遊んでも飽きなかった。

散々遊んだ果て、遊び疲れと空腹を抱える身にとって
その帰り道の、何と遠く感じられたことか・・・

9c92x68y148t68img_7591




 写真はイメージです。
 すっかり様相が変わりました。

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

アルバムを更新しました

ページ右側のアルバムに新しい写真を追加しました。
マクロ美術館  ダルマさんが転んだ!
携帯フォト    覗く

どちらも、マクロ撮影のような写真になってしまいました。
私はどうも、マクロ的な視点しか持てないようで・・・

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »