« いろいろ撮っていますが・・・ | トップページ | 赤い衝撃! »

2014年5月25日 (日)

いろいろ撮った結果がコレ・・・

私が撮った風景写真を知人に見せると
絵葉書みたい!とか観光ポスターだね!などといわれます。
いわれた私は面映いながら、綺麗に撮れてるという賛辞なのだと
素直に受け取っています。
しかし、その一方で厳しく自分の写真を見返しています。
(実態は、本人の思い入れほどではないかもしれませんが。)

絵葉書とか観光ポスターのように見えるのは、
何処かで見たような・・・
そんな感覚があるのではないか?
自分自身、そうした既存の写真の印象を追っていないか?
いくら綺麗に撮れていても、真似では意味がないのです。
景勝地ならば、誰が見ても絶好の撮影ポイントはあります。
その場所で撮影するのは仕方ないにしても、
独自の視点は失わないよう、常に心掛けているつもりです。

さて、本日の一枚目は、いつもの感覚で撮ったものです。
5c155x132y145t96img_7930  新宿御苑が新緑に包まれた頃。
 大樹は桜の古木で、拡げた枝振りから
 満開のときは、さぞ見事だったでしょう。
 でも隙が無い構図がありきたり。
環境映像の一コマを観ているようです。

そこで少しラフなきっかけでシャッターを切りました。
5c26x42y152x119y141t96img_7926  中央でベンチに座る二人はよし。
 左に抜けかけている人物。
 右から入ったばかりの人物。
 本来は、この前か後でシャッターを切る。

この一枚は、5月9日の記事に添付したものです。
右手に太い枝を撮り込んで、辺りの古木の樹齢を強調。
若葉と、老成した枝との対比で時の流れを。
新緑と、黒っぽい枝との対比で画面を締めた、つもり。

私は往々にして、対比を持ち込んで画面を構成させます。
写真であるからには、光りと翳、明と暗。
線と面、大と小、そして色の対比と様々に試してみます。

例えば、光りと翳で画面を構成すると・・・
3c38x53y224x229y140t96img_7931  水面は、もっと煌いたのが狙いです。
 それでも好しとしますか。
 撮影感覚と、機材の限界かしらん。


逆光を利用することも少なくありません。
4c68x42y136t82img_7928  暗くて見えないのは、そのままに。
 明るく、とんでしまっても構わない。
 具象で見せるのではなく、
 抽象に近い感覚で画面を形創る。

 ここでは逆光を取り込むのが目的。
 その初心を形であらわします。


ところで、本日の写真は全て補正処理を施しています。
暗い部分は明るく、明るい部分は暗く補正。
あるいは、それを同時に補正してあります。

補正は、写真や映像の世界では古くから存在します。
全く新しいものを創り出すのではなく
本来、その写真に秘められた力を引き出してやる。
補正を施していて、画面が一瞬輝きます。
写真が秘めた力を引き出され、歓んでいるようです。

|

« いろいろ撮っていますが・・・ | トップページ | 赤い衝撃! »

コメント

記事読ませていただき、いろいろと考えました。
写真って感性なんだな~、と。
自分、カメラを手にするまで
「時は流れて行く」の姿勢でした。
妻の動く姿、子供の成長記録。
いま、素敵な性能の機材を手に入れて、
「その時を留める」楽しみ、感動にハマっています。
いろいろな場面がありますよね、
作品の現場、自分もいつも脚を留める場所です。
で、そこで何を留めるのか、どういう風に・・・
感性・・・、絞りだ・露出だ、じゃないところを
モデルさんと手を携えて研鑽して行きます!

投稿: 川崎 | 2014年5月25日 (日) 22時34分

川崎さん、ナンとも口幅ったい申しようで・・・(恥)。
お気づきかと思いますが
この記事は、過日、川崎さんの作品に掛けた謎の絵解きです。

スキは誘いに通じ、
川崎さんが研鑽される武道にも通じるかと思います。
チョンチョンと、鶺鴒の尾のように誘う・・・
モデルさんとの遣りとりで、先をとるか?後と攻めるか?
研ぎ澄まされた真剣勝負は、
静物と対峙する私には計り知れない呼吸があると推察します。

写真の元は感性、そして行き着く先も感性だと思います。
その感性を磨くのは、案外
何気ない日常の「その時」かもしれません。

流れ行く時を留めるのも写真です。
モデルさんが見せる刹那も大切に留めておいてください。

投稿: kattu | 2014年5月26日 (月) 00時07分

ご無沙汰です^^

5月25日?? え~そんなに ここに来ていなかったのかなぁ・・・

画像を見て この枝っぷりが好きでコメントを書こうと・・・

ちらっと上を見たら  アップルさんとの会話が。

この会話にも引き込まれて なるほどと 心地よい気分になりました^^

感性豊かな 受け答え・・・これが聞きたくてここに来るのかもしれません。

投稿: 菜っ葉の菜 | 2014年6月12日 (木) 23時56分

菜っ葉の菜さん いらっしゃいまし。
なんぞ好くないものを口にされ
寝込んででもいらっしゃるかと心配しておりました(わはは)。
いつも、あなたの女っぷりの良さを拝見していながら白々しい。

ずぼらな店主は、とかく店をほったらかし、
アチコチうろついております。
思い出されたときにでも気軽にお立ち寄りください。

投稿: kattu | 2014年6月14日 (土) 05時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろ撮っていますが・・・ | トップページ | 赤い衝撃! »