« 朝陽を浴びて | トップページ | アルバムを更新しました »

2014年5月30日 (金)

サクサク食べながら、フムフム。

私、詩が苦手。
大人のそれも、子供のそれも、みんな苦手。
素直に読めない。
ホントに、そんな風に感じたり、考えたりしてるの?
どこかに偽善とか。欺瞞などを感じてしまう。
だから、詩は苦手だし好きになれない。

そんな私が折々に、フムフム読む詩があります。
故郷の児童詩誌 サイロ が選んだ子供の詩。

地元の菓子司が、その活動を支援。
自社の製品 (サブレー) のパッケージに、
サイロの詩を印刷して世に知らしめています。

このサブレーは、私が子供のころから有りました。
美味しいサブレーを食べ、無垢な詩を読むのは格別の味です。

9c43x33y230x244y132t72img_7687

|

« 朝陽を浴びて | トップページ | アルバムを更新しました »

コメント

自分は「キャプション」が課題です。もともと、ストーリーを狙って撮っている訳でもなく、結果を二人で見て、あ~でもない、こ~でもない、と話している中で少しでも雰囲気を伝えることが出来ればと思っています。
一応、「写真ブログ」を目指していますので、余計な注釈・解説は本当は要らないのかも知れませんね。
悩み所です・・・

投稿: 川崎 | 2014年6月 2日 (月) 19時46分

私は、よく気取って申します。
一葉の写真は、一編の詩のように・・・
一編の詩は、一葉の写真のように・・・

それでいて
5月25日のような記事を書いてしまいます。

世に存在する「理由」のほとんどは
後から付けられたもの、あるいは、それが可能。

「理由」を付けない写真を撮り
言い訳のない文章を紡いでみたいものです。

投稿: kattu | 2014年6月 2日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝陽を浴びて | トップページ | アルバムを更新しました »