« 北の歩道 | トップページ | 津軽海峡花景色 »

2014年4月27日 (日)

嘗て鉄路があった

北の大地に鉄路と聞けば
長い貨車を牽引して爆走する機関車を思い浮かべる。
その様は鉄ちゃん、鉄女ならずとも興味をひかれるか?

しかし、嘗てここに敷かれた鉄路は
まるでオモチャ箱から取り出したような機関車の路。

219x202y127t72img_7640  廃線から半世紀、
 今では住宅地の散策路となっている。



時には木漏れ日が射す緑のトンネルを想わせるが
おおむね、広い空が気持ちよく拡がっている。

5c147t72img_7625  近年のこと、菓子工房が店を開き
 むかし走っていた機関車を模した
 サブレーが人気をよんでいるらしい。

|

« 北の歩道 | トップページ | 津軽海峡花景色 »

コメント

北の鉄路といえば 炭鉱ですよね。

途切れているのはなぜ? 小さな駅があったとか??

どうして一部分だけ残しているのでしょう?

こんな謎を解くのは 面白い^^ 

意外な事実が 隠されていたり・・・・

どうってこと なかったり…(笑)

投稿: 菜っ葉の菜 | 2014年4月27日 (日) 11時08分

あのぅ~
写真の場所を走っていた路線は
1977年に全線が廃線になっています。
今は遊歩道として残るだけだと思います。

別の地域で生き残っていた貨物線も
2012年に廃線となり、全ての運転が停止しました。

全盛時は蒸気機関車が牽引しており
今も残されているので、その画像は後日紹介します。

投稿: kattu | 2014年4月27日 (日) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北の歩道 | トップページ | 津軽海峡花景色 »