« ここにも稚拙な釈明 | トップページ | 旬 »

2014年3月 2日 (日)

わたし、バイキンマン!?

この2~3週間、咳に悩まされています。
とかく咳とか痰などは、なかなか取れなく困ります。

電車で隣りに座った乗客が、さり気なく別の席に移りました。
家族はマスクをして調理しろと言う。
私は咳をしている間、賄いを辞退すると宣言するが
決して家族が代わって作ろうとはしない。
そこで家族がバイキンマン扱いしている私が調理。

微熱がありそうで、何となくダルい。
鼻水やクシャミが出て、咳も出始める。
町医者ではあっ、風邪ですねの一言で済まされる。
そんな遣り取りを20代の頃から繰り返してきました。

それが数年前にハタ!と思い至った。
コレはアレルギーの症状か!?
そう思うと諸々の説明がつきます。
アレルギー性の喘息がありますが、そこまではいかず
それでも時に発作的な咳に襲われる。
百日咳には遠く及ばないが、35日間位は続く咳。

気管や肺に負担が掛からず、喉からだけ咳が出る感覚。
だから少なくともバイキンを振りまいているのではない。
咳をしている間、マスクを掛けるマナーは必要ではあるが
病原体のように扱われる謂われはない。

それでも厄介者扱いするのであれば、
せいぜい咳を撒き散らして、嫌がらせをしてやろう。

|

« ここにも稚拙な釈明 | トップページ | 旬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここにも稚拙な釈明 | トップページ | 旬 »