« をいっ! 来たろう!? | トップページ | ツーショット »

2014年3月15日 (土)

銀シャリ万歳!

炊飯器を買いました。
永くなった所帯生活では三代目の炊飯器になるか?

家電品の進歩は日進月歩。
10年も見なければ、その違いに驚嘆させられます。
見覚えがある意匠の1万円を切る価格帯から
8万円近い高級品まで、数多の商品が並んでいました。

まさに上を見ればキリがない。
所詮、純正の魚沼産のコシヒカリなぞを食べるでなし
そこそこの米を、そこそこの味で食べられたらよしする。
そんな基準で選んだ一品。

家人が説明書をロクに読まずに炊いた飯。
案の定、炊飯器本来の炊き上がりより劣る見栄え。
しかし、食べてみると、
これまでの炊飯器より数段は美味く炊けているような・・・

おかずは酒と一緒に食べてしまい、さて、どう食おうか?
ほぼ炊きたての飯のこと、卵かけごはんか、納豆か
あぶった海苔で巻いてもよし、ごま塩を振るか?

暫し考えて、茶碗に盛った飯にのせたのは梅干。
塩の、正に塩梅がよい梅干で食べる銀シャリの美味さは
新しい炊飯器ならずとも幸せな味ではありませんか?

そんなこんなで、歳を顧みず満腹の夜となしました。

|

« をいっ! 来たろう!? | トップページ | ツーショット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« をいっ! 来たろう!? | トップページ | ツーショット »