« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

紙コップでは味わえない

珈琲専門店で珈琲を飲むのは何年ぶり?
本格珈琲の味と香りを堪能させていただいた。

脇の紙切れは落書きではなく
れっきとしたレシートです。
その証拠に、裏面には全国のチェーン店が印刷されています。

10c31x47y132t84img_7059  刻印は今日の日付。
 テーブル番号と、客の男女構成。
 それとオーダー内容を書き込んでいる。
 簡素にして、お洒落なレシートです。

| | コメント (0)

2014年3月30日 (日)

アルバム更新

「まちかど写真館」を更新しました。
3月30日「オンナの買い物って!」を追加。
やんちゃ坊主には退屈な時間だったようです。

| | コメント (0)

えっ! オレかい?!

暴風雨といってよいほどの悪天候をついて
街は増税前の駆け込み需要?で人出が多い日曜日。

買い溜めではない目的で街に出掛けた。
移動で電車に乗るので、人並みを掻き分け電車に突進!
早足の私に付いてきたツレは、やや青息吐息。
ひとつ空いていた席に座らせた、その後のこと。
ツレの隣りに座っていた30代の男性がすっくと立ち上り
座りますか? の一言。
ツレは座れたよ、と思ったものの???
えっ!! オレ?!
さざなみ程度の動揺をおぼえながら、さり気なく断る。

後で、ツレが席を譲ろうとした男性に
それほど歳はとっていませんから大丈夫、と言ったとか・・・
あまりフォローにはなっていないなぁ・・・


| | コメント (0)

ソメイヨシノ

せっかく咲いた桜花。
春の嵐が寄せる気配に、花の命は風前の灯。
嵐に襲われないとしても、次の週末まで花が残っているか?

同じ東京都内でも、場所によって気温が微妙に違うので
丹念に探せば遅咲きの花を見られる可能性はある。

特に郊外ならば期待をもてそうだが・・・

10c2432x216y141t84img_7013  それでも街角の桜花が気掛かりだ。

| | コメント (0)

2014年3月28日 (金)

とは言うものの・・・

ワタスがパンダのように可愛い訳ではござらん。
日頃の寝不足が祟って、目の淵に隈が出来ておる。

フンッ! 体形も似ておるさ・・・。

| | コメント (0)

何気なく・・・

ふと見ると
我が家にムーミンが居た。
誰って!? 
そんなコト言えるモンかい?!

パンダがムーミンを嗤っても
仕方あんめぇ・・・

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

ありがたや

消費税の増税を前に
ささやかな駆け込み購買を試みた我が家であるが・・・

新しい家電製品に歓びの声をあげつつ
一方で、古い家電製品の始末にアタマを悩ませる。
近くのホームセンターでは、
新製品を買うと、無料で不要になった旧製品を引き取る。
しかし、思いに叶う製品が無いので話しは不成立だ。

新製品を購入する際、不要の際品の有料処分を覚悟した。
そうして購入した製品が揃った頃、
一枚のチラシが郵便受けに入っていた。

不要品引取りのチラシだが、コレ本当に信じられる?
よく街頭を車で流す不要品引取り業者がいる。
無料引取りをうたっていながら、その実は金銭が絡み
トラブルに発展するケースもあるという。

一瞬迷ったものの、ままよっ!!
ダメなら引き取ればよいことと、住居前の道路に出す。
帰宅後、その場所を見ると見事に引き取られていた。

我が国のように、家電品やIT製品が巷に溢れていると
それらの製品から獲れる貴重な金属は莫大な量になるとか。
不要品の無料引取には、そうした事情が絡むのだろうが
厄介モノを処分できた我が家にとっては◎だった。

深く考えると、貴重金属を獲った後のガラクタは
どのように処分されるのか・・・
考え出すと眠れなくなろので思考を停止した。

| | コメント (0)

2014年3月25日 (火)

笑顔

あの笑顔の、なんと屈託の無さか・・・
拉致された愛娘の生存が定かでないなか
失われた娘の子、ご夫妻の孫にあたる女性との対面を経て
その時の感想を語るご夫妻の笑顔は、まさに歓びに満ちていた。

人の情として、肉親はかけがえのない存在である。
拉致されたと認定された家族の怒り、哀しみ、憂いは
当事者でなければ味わえない辛酸であろう。

あのご夫妻と、孫娘との面会を
拉致被害者の家族が温かく見守ったこと
これは大切な事実です。
拉致被害者の家族には
一向に進まない政府の対応に、拉致した側に向けると同じ
怒りや憤りがあるでしょう。

それでもなお、個々の面会には理解を示す。
望みは棄てない。棄ててなるものか!!
だからこそ、かすかな前進を歓び、
明日へ繋ぐ希望、永遠に諦めない希望を紡ぐ皆さんを
私たちは、どのように支援すればよいのか・・・
明日は我が身に降りかかる幸せと願いつつ
また長く虚しい一日を過ごす切なさ。

あのご夫妻を含め、
全ての拉致被害者と、そのご家族に心からの笑顔が浮かぶ。
そんな日を切に願っています。

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

駆け込み需要

来る4月1日からの消費税の増税を控え
駆け込みの消費動向が過熱しているとか・・・
高額なお家高級外車から、
買貯めの定番であるトイレットペーパーまで、
セレブから庶民まで巻き込んでの消費狂想曲。

恥ずかしながら、我が家でも家電品を駆け込み購買。
先ずは炊飯器。
この2年程のことか? 内釜のコーティングが数ヶ所剥れ
アチコチに傷がついたような状態で、替え時を模索していた。

次ぎは電子レンジ。
配偶者の嫁入り道具の一つ。
「20万円もした」と、散々に配偶者の母から言われた一品。
扉の開閉に齟齬をきたしていたので交換。
今回の新品は旧品の7分の1程度の額で購入、機能は上々。

極め付きは瓦斯テーブル。
二口ある燃焼口で、一方の五徳が破損して暫し。
鍋などがズリ落ちる危険を孕むスリリングな家事の日々。
こちらは誰が見ても限界を過ぎています。

こうみると、駆け込みどころか、遅きに失した感あり。
無駄な購入は控えるも、新製品の経済性に注目する要あり。
目先の損得に惑わされることなく、賢い消費が徳をする?

| | コメント (2)

2014年3月23日 (日)

ツーショット

花冷えとよぶには早過ぎる夜
冷たい川風に吹かれながら風流を気取ったものの・・・
寒いっ!!

染井吉野が咲く頃でも寒いのに、まだまだ名のみの春?

4c188x170y143t68img_6951_2

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

銀シャリ万歳!

炊飯器を買いました。
永くなった所帯生活では三代目の炊飯器になるか?

家電品の進歩は日進月歩。
10年も見なければ、その違いに驚嘆させられます。
見覚えがある意匠の1万円を切る価格帯から
8万円近い高級品まで、数多の商品が並んでいました。

まさに上を見ればキリがない。
所詮、純正の魚沼産のコシヒカリなぞを食べるでなし
そこそこの米を、そこそこの味で食べられたらよしする。
そんな基準で選んだ一品。

家人が説明書をロクに読まずに炊いた飯。
案の定、炊飯器本来の炊き上がりより劣る見栄え。
しかし、食べてみると、
これまでの炊飯器より数段は美味く炊けているような・・・

おかずは酒と一緒に食べてしまい、さて、どう食おうか?
ほぼ炊きたての飯のこと、卵かけごはんか、納豆か
あぶった海苔で巻いてもよし、ごま塩を振るか?

暫し考えて、茶碗に盛った飯にのせたのは梅干。
塩の、正に塩梅がよい梅干で食べる銀シャリの美味さは
新しい炊飯器ならずとも幸せな味ではありませんか?

そんなこんなで、歳を顧みず満腹の夜となしました。

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

をいっ! 来たろう!?

知人曰く「花粉症の症状が出ると季節を感じる」
をいをい! 何が嬉しくて鼻水で季節を感じるのだ!

しかし、確実に悲惨な状態に成りつつあります。
同病に悩む諸氏も、同じような状態ではありませんか?

まだまだ目頭あたりが痒い程度ですが
いずれ眼球の裏側がゴリゴリする重症に陥る筈です。
そうなると眼球を外してチャプチャプ洗いたくなります。
そう! あの鬼太郎の親父の如く椀の湯船で寛ぎたい。
それでも湯上りの爽やかさは、そう長くは続きませんね。

精々、対症療法で凌ぐしかないようです。

| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

その言葉が私たちの生活から失われてどのくらいが経つか?
季節の食べ物が、時期を問わず食べられるようになり
花の季節感も曖昧になってきている。

それでも路地に咲く花、庭で花開く木々には
真っ正直な季節があるように思える。

この時期、盛んに咲くのは梅。
その凛としたと表現される花に思いを寄せる人は多い。

7c223x206y124t72img_6815_2

一方で、染井吉野よりひと足早く咲く桜花。

7c221x201y127t72img_6811  染井吉野という桜は
 日本人の美意識や死生観を体現した
 そんな特異な運命を宿しています。


染井吉野のように、人の手を煩わした花より
野放図に育った桜花に魅力を感じる。

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

わたし、バイキンマン!?

この2~3週間、咳に悩まされています。
とかく咳とか痰などは、なかなか取れなく困ります。

電車で隣りに座った乗客が、さり気なく別の席に移りました。
家族はマスクをして調理しろと言う。
私は咳をしている間、賄いを辞退すると宣言するが
決して家族が代わって作ろうとはしない。
そこで家族がバイキンマン扱いしている私が調理。

微熱がありそうで、何となくダルい。
鼻水やクシャミが出て、咳も出始める。
町医者ではあっ、風邪ですねの一言で済まされる。
そんな遣り取りを20代の頃から繰り返してきました。

それが数年前にハタ!と思い至った。
コレはアレルギーの症状か!?
そう思うと諸々の説明がつきます。
アレルギー性の喘息がありますが、そこまではいかず
それでも時に発作的な咳に襲われる。
百日咳には遠く及ばないが、35日間位は続く咳。

気管や肺に負担が掛からず、喉からだけ咳が出る感覚。
だから少なくともバイキンを振りまいているのではない。
咳をしている間、マスクを掛けるマナーは必要ではあるが
病原体のように扱われる謂われはない。

それでも厄介者扱いするのであれば、
せいぜい咳を撒き散らして、嫌がらせをしてやろう。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »