« 首都大雪 | トップページ | 大雪の翌日は »

2014年2月10日 (月)

茶番選挙?

東京都知事選挙が開票された午後8時。
時報と(ほぼ)同時に当選確実の報が流された。

大雪の影響下、投票所に向かった有権者諸氏の感想は?
選挙動向は古くから、事前調査によって、
投票前に大勢が判明する傾向にあり、開票直後には
当選や当選確実が打たれる傾向は強まっていました。

それにしても、これでは投票に行く意味があるのか?
報道などの事前分析によるアナウンス効果が災いして
逆転当選が無かったわけではないが、それは稀なこと。
こうした傾向が投票率低下に拍車を掛けている一因か?

何より選挙に無関心になる背景にあるのは
選ばれた政治家や行政者が、選挙民の期待を裏切ること。

せめて、新しい知事には陽の当らない存在にも
大きく目を向け、善政を施して欲しいものです。

76x102y100t70img_0182  

 

 都知事選挙の投票所になった
 小学校の校庭にて

|

« 首都大雪 | トップページ | 大雪の翌日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首都大雪 | トップページ | 大雪の翌日は »