« 迎賓館 赤坂離宮 ~史観の章~ | トップページ | 迎賓館 赤坂離宮 ~左右対称の章~ »

2013年10月 2日 (水)

ミスドのもてなし

この春
ここに書き込んだつもりの記事を見つけることが出来ない。

善きことなので実名をあげる。
ミスタードーナツは、ドーナツを中心に展開する
全国規模のファーストチェーンだと認識している。
昨今は米国から参入したドーナツ店に押されていますか?

余談ですが、おもてなは今年の流行語大賞の有力候補?
対抗馬は、じぇじぇじぇ・・・!か?

ふむ、早よう本題に入れと・・・

このチェーン店の善いところは
商品の味は置いといて・・・(をいっ!)
食器が本物。
皿もカップも、スプーンも、全て陶器や硝子や金属です。
当節流行りの紙コップや、プラスチックの皿やスプーンではない。
それだけで温かみのある接待の心を感じるのだが・・・

このチェーン店では、全国のかなりの店舗で
コーヒーなど一部の飲み物がおかわり自由です。

余裕がある時間帯には、店員さんが店内を巡って
無料の飲み物をすすめてくれます。
しかし、こちらが飲みたいときはカウンターに出向き
おかわりを願いでます。
その時、気掛かりなことが出来します。

店員さんは
コーヒーをついだ陶器のカップを返す際に
自分がカップの取っ手を持って、熱いカップを客に出す。
これはもてなしの心や作法としては如何なものか?
丁度、そのとき、アンケートを募集しており
その事を書き込んだのです。

私は全国の、このチェーン店を巡るヒマはありません。
故に、この店舗だけの対応かも知れませんが
何時しか、カップの取っ手を客に向け
さらに、掌をカップの底に添えて差し出してくれました。

こうした接待は実に好ましい。
私の投書がきっかけとは申しませんが
こうした対応は見事なものです。
もてなしの心を感じます。

|

« 迎賓館 赤坂離宮 ~史観の章~ | トップページ | 迎賓館 赤坂離宮 ~左右対称の章~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迎賓館 赤坂離宮 ~史観の章~ | トップページ | 迎賓館 赤坂離宮 ~左右対称の章~ »