« 開墾のはじめは豚と、ひとつ鍋。 | トップページ | 故郷の訛り懐かし・・・ »

2013年10月15日 (火)

ツルツル! チュルンッ!

ネット上でお付き合いいただいている方のブログで
ちょいと盛り上がってしまいました。
コトのはじまりは鍋焼き饂飩。
これからの季節、熱々の鍋焼き饂飩や、おでんは
心もカラダも芯から温まるありがたい食べ物です。
私の固定概念では、西の饂飩、東の蕎麦でキマリ。
「讃岐うどん」という第一級のブランドに翻弄されているか?

件のネット主宰者は、悠久の都に住まわれる女性。
こちとら、精々400年余りを首都と驕っている関東の民。
出身地から、江戸っ子ならぬ蝦夷っ子を気取っていますが
どうもイマイチ押しが足りない。

閑話旧題

私が若い頃、行きつけの呑み屋で教わった鍋焼き饂飩。
以前にも、この欄で紹介させていただいた記憶があります。
称して「土手の鍋焼き」。

世間で馴染みの鍋焼き饂飩と違い、具は春菊と鶏卵のみ。
この饂飩、関東にありながら出汁と違い澄んでいます。
私は、昆布と鰹節で出汁をとり
出汁に色がつかない程度に濃い口醤油を垂らす。         かくし味は酒と味醂。                            醤油の味が効かない分、塩で味を補う。
(これが関西なら薄口醤油で難なく済ませられるのだが・・・)

できれば、饂飩は乾麺がいいね。
硬めに茹でた饂飩を、出汁を張った土鍋で煮る
頃合いを見計らって春菊をのせる。
どちらも煮過ぎは禁物。
鶏卵の落としどころは好みによります。
私は白身が半熟、黄身は生あたりが好みです。
それをかき混ぜると土鍋の余熱でトロリとしてくる。

薬味は無粋かな?
澄んで薄口の出汁と、コシがある饂飩。
歯ざわりを残した春菊と、鶏卵の組み合わせがなんとも。

旨い酒を呑んだ後、土手の鍋焼きは格別ですが
我が家では、私しかつくれないところがが悩ましい。

これを教えてくれた呑み屋の親父さんは
浅草の料理屋の台所で酒を愉しんだとか。
そのころ舌が覚えた料理の一つが土手の鍋焼き。

徳川幕藩体制下、江戸で唯一赦された
浅草裏の御免色里、吉原に通う人、帰る人。
これから吉原に向う男の下心、
すでに色里で精を抜かれた男、
そんな男の腹を満たした鍋焼き饂飩だったとか・・・

|

« 開墾のはじめは豚と、ひとつ鍋。 | トップページ | 故郷の訛り懐かし・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開墾のはじめは豚と、ひとつ鍋。 | トップページ | 故郷の訛り懐かし・・・ »