« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

初鍋

街を歩くと、いつの間にか周りは冬の装い。
確かに朝晩は気温が低くなり
少し厚手の上着が恋しい季節になりました。

それにしても、少し大袈裟ではないの!?
と思える服装の方も見かけます。
ファッションの先端を歩いているつもりか?
単なる寒がり屋さんか?

こうして秋が深まり、初冬に向う季節になると
ウチメシを鍋物にする機会が増えます。
そこで我が家の昨夜の献立は、早々と鍋料理です。

当初の予定に無かった献立です。
鶏肉、豆腐、そして少量の白菜。
これら賞味期限切れの食材を食べてしまわなければ。

実は、最近の私は食べたいものが浮かばない。
従って作りたい料理も浮かばないのです。
だから、ほんの少しでも料理が脳内をかすめたら
すがる思いでイメージを膨らませます。

そんな折りの貧困な発想での鍋料理。
中身が少々欲不足ですが勘弁願う。
鍋は食べてよし、〆の愉しみよし。
灰汁を丁寧に取れば、出汁は澄んで綺麗。
饂飩でも雑炊でも好みに応じて食べられます。
ついつい酒がすすむのが難点ですが
今年の夕飯に何度登場することか・・・

| | コメント (0)

2013年10月28日 (月)

ウン! さすが元局アナ

次男が、刑事事件で逮捕された元ラジオ局の
アナウンサーが、パーソナリティーを勤める
テレビ番組を降板した。

その言やよし。
「大変世間をお騒がせして、誠に申し訳ございません」
コレ、当を得た発言と承りました。

昨今、企業なり個人なり、不祥事を起こした件で
公の場(報道の記者会見)で謝罪するが、その内容は
判で押した様に一辺倒なものが多い。
「・・・皆様に大変なご迷惑をお掛けして・・・」
そこダッ!
その件で、我々は何等の迷惑をも受けておりませぬ。
にも関わらず「・・・ご迷惑をお掛けして・・・」はおかしい。
されば元アナウンサーのごとく「・・・お騒がせして・・・」が
相応しい表現ではないか?
通り一遍の謝罪には、欠片も真意を推し量ることはできない。

因みに、昨日は多くの方々に当ブログを訪れて戴きました。
その理由は、紛らわしく詐欺的な題名にあると思います。
当ブログを訪問戴いた方々には、大変なご迷惑をお掛けして
誠に申し訳ございません。

| | コメント (0)

2013年10月27日 (日)

街角カップル

永遠のアイドルとは大袈裟か?
いつの頃からか街角で見かける恋人たち。

5c107t64img_3559  おめぇヘソねぇじゃねぇか!?
 このCMをご記憶の仁は年配者。
 仲睦まじく店頭を飾ります。



209x230y134t72img_3536  製薬会社のライバルカップル。
 どちらも通行人に触られ
 受難の時代がありましたが
 今は平穏?

139x163y140t64img_4147  ポコちゃんは元カレ?
 一人で店頭に立つようになって
 久しいように思います。

 ハローウィンは絶好の稼ぎ時!

| | コメント (2)

2013年10月20日 (日)

習作 料理を美味そうに撮る

毎日の夕飯を自身のブログに載せている知人が居ます。
私も偶に載せますが、見た目が美味そうでない。
まぁ、味の保障も無いのですが・・・

映像やグラビアなどで見る料理の美味しそうなこと。
料理人が作って、料理専門のカメラマンが撮ると
綺麗で美味しそうに見えます。

その理由の一つは、見た目に優れた食材を
使える環境を見逃せません。
家庭料理では、その点に限界があります。
1円でも安い食材を求め、スーパーマーケットの
チラシを見つめる環境では無理なはなしです。

撮影時は、カメラマンの腕が大きく作用します。
時には、料理に照りを出す化粧を施したりもするとか。

ロケーションというか、料理を盛る器やテーブル、
お洒落なテーブルクロスや、食器なども見逃せません。
料理人の盛り付けセンスが料理を更に引きたてます。

ライティングも重要です。
テラスなど戸外で自然光を利用できるとよいですが
蛍光灯の下で撮る機会が多い家庭料理は
それだけで色彩が劣り、味まで悪く見えます。

光源の問題は、ホワイトバランスの調整で多少補えます。
カメラに備わる補正機能は、存分に使いたいものです。
それでも最初に挙げた食材の限界は超越できませんね。

仕方ないので料理人の料理で試してみました。
一概に、料理は一段明るめに撮るとよいといわれます。
夕方でしたが、レストランの窓辺の席がとれたので
自然光を頼りに、教えを実践してみました。

5c72img_3945  ノーマルでの撮影。
 さすがプロの料理は食材の彩りだけで
 美味しそうに見えます。


5c72img_3947  一段明るめに撮りました。
 個々の食材も、出来上がった料理も
 それぞれが輝いて見えます。
 プロの助言の確かさが証明されました。

5c72img_3946  逆に一段暗めに撮ると、家庭料理を
 食卓の蛍光灯の下で撮ったようです。
 活きのよさが感じられません。


食事を供する店で見かける光景ですが
周囲への配慮を忘れ、バシャバシャとシャッター音をさせ
撮影に夢中になるのは食事の場には相応しくない。
控えめに、自制を忘れないようにします。

限られた条件で、目も舌も悦ばせる家庭料理を作るには
プロには及ばないまでも、日々の精進が肝要ですね。

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

秋の花たち

台風一過、大気が一気に入れ替わったようだ。
大雨を警戒した北海道では、ナンと雪が降った。
まだ10月の、チラホラ舞った程度かと想像するも
想像を絶する積雪があったようです。
いくら北海道とはいえ、いきなり10cmも積もったら
これは事件ですヨ!

そうした「極寒の地」は差し置いて
関東の初秋から見られた花の数々・・・
久しぶりに花の画像をアップします。

まだ夏の名残を宿す初秋の野原で
健気という台詞をよそに、彼岸花が咲く。

10c47x28y140t72img_4002  一概に
 秋の花は小さい印象があるが
 この球根で生きる宿根草は
 力強い花を咲かせる。

136t72img_4046_2  力強い黄色。
 秋櫻くらいは名を知る。



7c128x133y122t72img_4021  蟻でないが
 冬を控えているからか
 蜂が忙しそうに働く。


7c140t68img_4101  おっと!
 こちらは華やかな桜。

 観劇で感激もよいかな・・・





7c138t72img_4080  殊更に秋限定ではないが
 小さい花の代表か?



7c128x165y144t68img_4031  花音痴にはネット検索が強い見方。
 葛かと思われるが、さて・・・
 まだ蕾だし、確証はない。






今月は秋薔薇が盛りになろう。
どこかの薔薇園に出掛けたいが
この週末は雨だとか・・・
薔薇の花は雨に打たれると悲惨な姿を晒すから
どうしたものか躊躇している。

| | コメント (2)

2013年10月17日 (木)

故郷の訛り懐かし・・・

故郷からの到来ものには
停車場で、ふと耳にしたお国訛りに接したときの
温かい懐かしさが込み上げてくるようです。

11日に、この欄で取り上げた六花亭。
改名の前後は和菓子が主流の菓子舗と記憶しています。
焼菓子ばかりでなく、生の和菓子もありました。
六花亭として独り立ちする前に属していた
千秋庵という菓子舗チェーンが和菓子中心の品揃え故か?

六花亭の名を広めたのがホワイトチョコレート。
坂本直行氏が描いた草花の絵を包装紙の図柄に取り入れ
全国的に知られる菓子舗に成長しました。

医食同源という言葉がありますが
さしずめ六花亭の思いは「食は文化なり」とでも・・・
材料を地元・十勝の農業や酪農産品に求めるに留めず
地元の子ども達の心に目を向けた文化活動は
今や自前のホールを有するまでになっているようです。

私が子どもの頃からある商品にチーズサブレがあります。
「リッチランド」と称し、商品は酪農王国で冬の間
家畜の飼料を蓄えるサイロの形をしており
そのパッケージには、十勝の子どもたちの詩を編んだ
詩誌サイロにある素朴な詩の数々が印刷されています。

因みに、子どもの頃の私には、こうした純真な詩は
書けませんでした。

六花亭は、マルセイバターサンドで更なる飛躍を遂げ
全国の人々の心を捉える商品を次々と世に問いますが
若くして故郷を離れた身としては、古い商品たちに
思いを重ねてしまうのは当然のことでしょうね。

もう一店、帯広で六花亭と並んで歴史を重ね
味と地元文化を支える菓子舗に柳月があります。
ここの三方六なるバウムクーヘンも長い歴史を保ち
近年の北海道物産展でよく目にする銘菓です。

  11日の記事にコメントをいただいた
  はなまるちゃんと、川崎さんへの返信にかえ
  新たな記事を立てさせていただきました。
  ありがとうございます。

| | コメント (0)

2013年10月15日 (火)

ツルツル! チュルンッ!

ネット上でお付き合いいただいている方のブログで
ちょいと盛り上がってしまいました。
コトのはじまりは鍋焼き饂飩。
これからの季節、熱々の鍋焼き饂飩や、おでんは
心もカラダも芯から温まるありがたい食べ物です。
私の固定概念では、西の饂飩、東の蕎麦でキマリ。
「讃岐うどん」という第一級のブランドに翻弄されているか?

件のネット主宰者は、悠久の都に住まわれる女性。
こちとら、精々400年余りを首都と驕っている関東の民。
出身地から、江戸っ子ならぬ蝦夷っ子を気取っていますが
どうもイマイチ押しが足りない。

閑話旧題

私が若い頃、行きつけの呑み屋で教わった鍋焼き饂飩。
以前にも、この欄で紹介させていただいた記憶があります。
称して「土手の鍋焼き」。

世間で馴染みの鍋焼き饂飩と違い、具は春菊と鶏卵のみ。
この饂飩、関東にありながら出汁と違い澄んでいます。
私は、昆布と鰹節で出汁をとり
出汁に色がつかない程度に濃い口醤油を垂らす。         かくし味は酒と味醂。                            醤油の味が効かない分、塩で味を補う。
(これが関西なら薄口醤油で難なく済ませられるのだが・・・)

できれば、饂飩は乾麺がいいね。
硬めに茹でた饂飩を、出汁を張った土鍋で煮る
頃合いを見計らって春菊をのせる。
どちらも煮過ぎは禁物。
鶏卵の落としどころは好みによります。
私は白身が半熟、黄身は生あたりが好みです。
それをかき混ぜると土鍋の余熱でトロリとしてくる。

薬味は無粋かな?
澄んで薄口の出汁と、コシがある饂飩。
歯ざわりを残した春菊と、鶏卵の組み合わせがなんとも。

旨い酒を呑んだ後、土手の鍋焼きは格別ですが
我が家では、私しかつくれないところがが悩ましい。

これを教えてくれた呑み屋の親父さんは
浅草の料理屋の台所で酒を愉しんだとか。
そのころ舌が覚えた料理の一つが土手の鍋焼き。

徳川幕藩体制下、江戸で唯一赦された
浅草裏の御免色里、吉原に通う人、帰る人。
これから吉原に向う男の下心、
すでに色里で精を抜かれた男、
そんな男の腹を満たした鍋焼き饂飩だったとか・・・

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

開墾のはじめは豚と、ひとつ鍋。

実家の老母(89歳)から、ふるさとの菓子が届いた。
先に、思い出深い果物を食べたいという思いを叶えた
その返礼の菓子折り。

この菓子折りを十勝日誌という。
北海道帯広市の六花亭が
古くから供する菓子の詰め合わせ。

一般的な菓子の詰め合わせは
同じ種類が幾つか詰め合わせたものをいうだろう。
しかし、十勝日誌は複数の菓子を詰め合わせたもので
何が詰まっているか、開けるのが愉しみな商品である。

この帯広・六花亭、古くは帯広・千秋庵と称した。
北海道内に展開する千秋庵グループから独立して?
六花亭としての歩みが始まる。

北海道の開拓民の多くは、北陸や東北地方の
食いっぱぐれ次・三男が多かったと思われる。
そうした彼らが、団欒を囲むには鍋料理が一番か?

しかし、豚肉を鍋に入れる余裕は無かろうな・・・
彼らの気概として、切なる望みとして
豚肉を入れた一つの鍋を囲っての酒盛りが
一時に救いであり、夢であったろうなぁ・・・

囲炉裏に掛ける一つ手の鍋をデザインして
小豆餡に求肥を入れ最中とした古い伝統をもつ菓子。
いま食べても、厳しい冬の北海道を想う一品である。

| | コメント (2)

2013年10月 9日 (水)

我は異常なり

常ならむ・・・
世の人々と同じでない状況を世間は異常という。
私は、その異常者だ。

小学生のとき、教諭が板書する。
黒板といっても実際は緑に塗られた板だ。
白や黄色のチョークの板書は見えるが、
ピンクや青のチョークで書かれた文字は見えない。
これを赤緑色盲というそうな・・・
 (因みに文字変換で、色盲や色神は変換されない?)

個々の色は識別できるが、ある組み合わせや
光線の加減で識別できない場合がある。

教室での検査から数刻後、呼ばれて保健室に行く。
そこで保健婦さん(養護教諭)から再度の検査を受ける。
 (石原式色覚異常検査、あの様々な色の○が並んだもの。)
検査後、辺りに漂う重い雰囲気。

この10年前から、義務教育の場での色神検査は
執り行われていないという。
色神に異常があると、限られた職業に就けない。
進路決定を迫られた時点で、色神異常が明らかになり
望む進路を断念せざるを得ないケースが多発するとか・・・
これは、ある意味で酷いことだ。
子どもの頃に異端視されることと、長じて望みを経たれる
そのどちらが本人にとって大きな問題か?

例に適切さを欠くとは思うが
小学校の運動会で順位を明らかにしなくなっているという。
順位を決めることで、遅れた児童に悪い影響を与えるとか。
こうした誤った優しさが、色神検査を排除した根底にあるか?

この検査が義務教育の場で行われるのが妥当かどうか
そうした議論が残る。
しかし、個人の差別ではなく
秘められた特性を明らかにする必要はあろうかと思う。
結局は、全ての者が受けられる条件を考えると
義務教育の場に依存せざるを得なくなるか?

かつての検査に問題があるとすれば、
教室で、他の児童・生徒が居る前で試されるところにある。
検査される時期と、検査の方法を熟慮すれば
義務教育の場で執り行われることに問題はないと考える。

進路決定に関わる問題もさることながら
色の識別にハンデキャップがあることは
生存の危機に晒される問題でもある。

我が国では、危険をしらせるのに赤い色を用いるが
踏み切りの警告灯に赤色を使われると判別不能である
そんな事態もあるのだ。

己の身体の特性を知り、その弱点を補強する意識を持つ
その重要な対応をするためにも色神異常を知る必要はある。
人権やら個人情報の保持もよいが、
どこかで本質が見失われていないか?

| | コメント (0)

2013年10月 5日 (土)

迎賓館 赤坂離宮 ~左右対称の章~

このシリーズの冒頭に登場した正面正門。
前回紹介した本館の正面。
いずれも真っ正直な左右対称の建造物である。

現代の、鉄とコンクリートと硝子から成る
どこから切り取っても金太郎飴に似た建造物には
遥かに及ばない威厳と気品をたたえている。

10年に及ぶ工事期間に、幾多の技術者、工芸家、工人が
この建造物に携わったことだろうか?

7c197x187y4r146t84img_3676
 その外観をみただけで
 工事の細密さを伺い知れる。

 

しかし、屋内の装飾は、芸術の領域のまで達しており
工事関係者の技量と矜持を存分に感じられる。

全体を花崗岩で造られた躯体の堅ろうさは
関東大震災に耐えた事実で証明され
一方で東京大空襲を生き抜いた幸運をも感じられる。

10c210x198y12r146t84img_3677  屋根には淡い蒼の
 細密で優雅な装飾が施され
 躯体とは違った魅力を放っている。


フランスのヴェルサイユ宮殿やルーブル宮殿を模し
更にはイギリスのバッキンガム宮殿に範を垂れたという
ネオ・バロック様式の洋風建築として
我が国の建造物では他に存在しない貴重な建物でもある。

 

10c220x204y5r130t72img_3684  
 鶴翼の陣に似た
 建物の左右がせり出した先端には
 正面入り口に通じる
 華麗な意匠が際だっている。




7c165x156y10r142t84img_3811  敷地の主庭と対峙する東面も
 左右対称の規則をまもり
 絶好の撮影ポイントでもある。


7c177x169y10r134t84img_3759
 そこには菊花の御紋章がみられ
 東宮御所である象徴ともなっている。


3a5c176x161y5r146t84img_3839  細部にわたって対称の細工がみられ
 この建造物に対する並々ならない
 思いを感じることが出来る。


7c190x170y10r163t70img_3700
 そして正面の入り口。
 3面ある真ん中には
 やはり菊花の御紋章。

 まるで西洋のカトリック教会の
 入り口を連想させる華麗さである。



迎賓館 赤坂離宮では、11月に前庭の公開が成される。
お近くで興味のある方は是非訪れることをお勧めします。

| | コメント (0)

2013年10月 2日 (水)

ミスドのもてなし

この春
ここに書き込んだつもりの記事を見つけることが出来ない。

善きことなので実名をあげる。
ミスタードーナツは、ドーナツを中心に展開する
全国規模のファーストチェーンだと認識している。
昨今は米国から参入したドーナツ店に押されていますか?

余談ですが、おもてなは今年の流行語大賞の有力候補?
対抗馬は、じぇじぇじぇ・・・!か?

ふむ、早よう本題に入れと・・・

このチェーン店の善いところは
商品の味は置いといて・・・(をいっ!)
食器が本物。
皿もカップも、スプーンも、全て陶器や硝子や金属です。
当節流行りの紙コップや、プラスチックの皿やスプーンではない。
それだけで温かみのある接待の心を感じるのだが・・・

このチェーン店では、全国のかなりの店舗で
コーヒーなど一部の飲み物がおかわり自由です。

余裕がある時間帯には、店員さんが店内を巡って
無料の飲み物をすすめてくれます。
しかし、こちらが飲みたいときはカウンターに出向き
おかわりを願いでます。
その時、気掛かりなことが出来します。

店員さんは
コーヒーをついだ陶器のカップを返す際に
自分がカップの取っ手を持って、熱いカップを客に出す。
これはもてなしの心や作法としては如何なものか?
丁度、そのとき、アンケートを募集しており
その事を書き込んだのです。

私は全国の、このチェーン店を巡るヒマはありません。
故に、この店舗だけの対応かも知れませんが
何時しか、カップの取っ手を客に向け
さらに、掌をカップの底に添えて差し出してくれました。

こうした接待は実に好ましい。
私の投書がきっかけとは申しませんが
こうした対応は見事なものです。
もてなしの心を感じます。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »