« 処置 | トップページ | 迎賓館 赤坂離宮 ~序章~ »

2013年9月 1日 (日)

どうしたものか・・・

近ごろ心身ともにテンションが下がりぎみ。
体調不良というほど大袈裟ではないものの
一体、何故に?

夏の疲れ、睡眠不足、蓄積疲労と原因をアレコレ考え
どれも当たっているようであり、違うようでもあり。
近々切除するポリープには自覚症状が症状がない。

特に、気持ちが落ち込んでいるのは厄介だ。
些細なことで弱気になり、気が滅入る。
といって、鬱になるほど繊細な神経ではない筈だ。
いわゆる5月病とか月曜病などの類いでもない。
きちんと出勤して、つつがなく仕事をこなす。

人生の果かなさを嘆き、己の存在意義を疑う。
これはイカン!

そんな日々を送っていた朝
何気なく見た窓の外に見事な朝焼け。

140t96img_3958  ご来光ならずとも
 夜明けの明るさは人々の心に
 希望の灯をともすが・・・
 この朝焼けなら今日も暑くなりそう。

そう思った途端にめげた。
やはり単なる夏バテか??

|

« 処置 | トップページ | 迎賓館 赤坂離宮 ~序章~ »

コメント

きっと夏バテ、若しくは更年期障害…!?

連日の猛暑、調子が良い方がおかしいのです。

ポリープ切除の入院が、良い休養になりそうですね。

同じ休養するなら、南の島か高原の別荘…
なんて思いたいところでしょうが、

神様が下さった休暇だと思って観念致しましょう。

投稿: はなまるちゃん | 2013年9月 4日 (水) 22時39分

はなまるちゃん、ようこそ♪

男の更年期! あったような気がしますが随分前の話です。
結局は夏バテで片付けるのが懸命でしょうね。

ポリープ切除手術が休養になればよいのですが
1泊だけの入院です。
まるで社員旅行のようで落ち着きません。
せめて3泊4日は欲しいところです。
来週末の手術で、Uさんのお誘いにのれません。
悪しからず。

投稿: kattu | 2013年9月 5日 (木) 23時21分

私も 季節の変わり目はテンションが下がるのですが・・・
下がらないように 休暇を取り楽しい計画を入れています。

今回は 富士登山!! 

9月3日に登頂してきました^^ いつもは一緒に行かない主人が同伴です。 

コースとしては 短めでキツい富士宮口からのアタックです!

目的は写真だったのですが。。。7合目まで元気で私のリュックまで背負ってくれた主人が だんだん顔色が悪くなり「高山病」に。

「俺のことはいいから・・・お前だけ行ってくれ」と言いながら這うように しぶとく付いて来る主人。 どうにかこうにか頂上に着きましたが 目的の撮影どころではありませんでした。

私は 酸素が薄くなっても全然平気ですが 山頂までは やはり辛い道のりですね。 ひとつの精神修行のようなものです。

今回も 「もう二度と登りたくない! なんでまた登っちゃったんだろう?」と 登山途中に後悔すること しきり!  

でも 山を降りて下界から富士を見上げると また登りたくなっちゃう^^

出産に似てます、これは^^  死ぬような痛みなのに また産みたくなる(笑)

それから 不思議と頂上まで登った次の日は 仕事がすごく楽しくて モノの見方が変わったりしますね^^

富士が持つ不思議なパワーを頂くのか?  それとも 達成感からくる勘違いな自信なのでしょうか(笑)

とにかく この時期の憂鬱から抜け出せて良かった良かった^^

投稿: 菜っ葉の菜 | 2013年9月 6日 (金) 10時37分

「俺のことはいいから・・・お前だけ行ってくれ」
映画の1シーンを観るような
誠にもって麗しい夫婦愛ですね。
そうですか、写真はダメでしたか・・・
山頂で飛翔する貴女の写真を見てみたかったです。

富士山への登山。
他の山への登山とは数段違ったものらしいですね。
私は富士山登山の歓びはもとより
出産の喜びも知りません(知ってて堪るか!?)
東京の西部、標高599mの高尾山の山頂に立って
大満足している私なぞ、笑止千万ですね。

登って善し、眺めても善し。
さすが霊峰富士山ならでは・・・

投稿: kattu | 2013年9月 7日 (土) 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 処置 | トップページ | 迎賓館 赤坂離宮 ~序章~ »