« 他人事とは思えない | トップページ | ミスドのもてなし »

2013年9月27日 (金)

迎賓館 赤坂離宮 ~史観の章~

徳川将軍家が施行した鎖国令によって
我が国の文化・文明は、
世界の趨勢から、およそ三百年の停滞を成した。

一方、徳川政権の瓦解後、明治新政権が目指したのが
諸外国に追いつけ追い越せの、富国強兵政策だった。

明治43年に竣工した東宮御所(当時)
日清、日露の両戦争に勝利し
富国強兵政策が一応の成果を成した時世の建築物である。
いわゆる、世界の一等国に列した瞬間でもあった。

そうした世相の影響を受けたか否か
我が国唯一のネオ・バロック様式の洋風宮殿が完成した。

5a7c148x141y7r178t84img_3890

明治天皇の崩御まで2年ほど
東宮御所としての存在が薄かった所以か?

時を移して昭和40年当時、太平洋戦争の傷跡が癒えた?
独立国の日本に相応しい迎賓施設の必要性が叫ばれた。
もって、旧東宮御所を改修して諸外国の賓客を迎え入れる
迎賓館としての改修工事が行われる。

遠見には端正なシンメトリーで、細密な細工が施された
建築物であるが、その装飾には
当時の国勢を二分したかのような
皇室の象徴と、軍部の勢いを現すリーフレットが見える

|

« 他人事とは思えない | トップページ | ミスドのもてなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他人事とは思えない | トップページ | ミスドのもてなし »