« 母なる海は、創作の母でもあった? | トップページ | ウチにもマー君 »

2013年8月 7日 (水)

みんな優しい

電車内の雰囲気が殺伐としているのは
昨日今日の話ではない。
乗客が、駅員や車掌に暴力を振るうのは日常茶飯事か?
乗客間の雰囲気も一触即発の感が無くもない。

電車の揺れで、周囲の乗客に身体が触れると
瞬時に押し返したり、殺伐とした視線を向けてくる。
そんな時、思わず喚きたくなるね。
俺ぁ! テメェなんぞの身体に触れる趣味はねぇゾッ!!
昨今の電車内で繰り返される不機嫌な事柄をあげつらうと
キリがないし気分が悪くなる。

そんな通勤電車でみた、心温まる情景です。
私が通勤に使っている電車は、ターミナルのS駅を基点とし
近郊のH駅と往復運転している。

その帰宅電車で見かけた光景。
折り返す電車に乗ってきた一人の女性客が寝たまま・・・
乗客が降りる、折り返しの客が乗り込む。
それらの喧騒をよそに、件の女性客は熟睡している。

そんな時、乗降客のひとりが声を掛けるね。
「S駅よ」 優しい一声ですねぇ。

しかし、この夜の乗客はもっと優しかった!
この人、きっと途中駅で乗り過ごしたのね。
だから、この電車に乗ったまま下車駅まで戻るのよ
いま起こしたら可哀想だわ。
だって、こんなによく寝ているんだもの・・・

  (言葉遣いは男女で使い分けてください)

かくして、電車は無情にも
もとい!、彼女を本来の下車駅まで送るべく発車!!
周囲は密かに胸を撫で下ろす、ヨカッタ! むふふ♪
みんな優しいねぇ・・・

この電車は特急で、始発駅と終着駅の間で7駅停車する。
こうなると周囲の期待、いや心配はどの駅まで乗るか?

5番目の停車駅、私が降りる駅で漸く起きる。
一瞬、ここはどこ?私は誰?状態に陥るが
電車が駅に停まる辺りで降りる体勢になる。
ここで降りるのだったのか、周囲は安心したはずだ。
何しろ、みんな優しいのだから・・・

因みに、出口に向う私が彼女を気にして見ていると
いま来た方向に戻る電車が来るホームに向った。

人々の優しさは、ときに残酷な結果を生むものだ・・・

|

« 母なる海は、創作の母でもあった? | トップページ | ウチにもマー君 »

コメント

「乗り過ごし」をカメラで追っ掛けて、折り返しの無い終電後を笑いものにする番組も有りましたね。

自分も【帰るよ】と連絡しながら、「今、どこ?」と寝過ごす事しばしば、、、

心配して貰えるほど、気遣ってあげられているかなと、反省するこの頃です。

投稿: 川崎 | 2013年8月 7日 (水) 21時09分

私が通勤で使っている電車は、軌道が広く、新幹線並みとか・・・
そのためか、電車の揺れが心地よいのです。
私なぞ、始発駅を発車する前に寝込みますがね(苦笑)。
故に、降りるべき駅の2つ先まで乗り越した経験は数え切れません。
それでも「いま、どこ?」のメールは来ないなぁ・・・
「これから帰る」のメールもしていませんが。
これ夫婦の在り方の問題でしょうね。
こりゃ嗤うしかないね!!

投稿: kattu | 2013年8月 7日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母なる海は、創作の母でもあった? | トップページ | ウチにもマー君 »