« お詫び | トップページ | 久々の休肝日 »

2013年8月16日 (金)

ムシの知らせで、無視出来ない虫がきた。

毎朝、クソ暑い。
が、仕事だ。
駅まで忌々しく歩く。
そんな瞬間。
サワと涼風がそよいだ・・・のは、私の心の中。

先日、私のブログにコメントを残してくれた人。
ネットの世界でしか知り得ない関係で付かず離れず。
双方のブログを覗きあって
かれこれ10年を越えるお付き合いになりますか?

キッカケはムカデでしたね。
双方がムカデに噛まれ、対処法をネットで探っていて遭遇。
同病相哀れむが如く、私から声を掛けたのがはじまり。
そんな経緯が脳裏を巡ったのが、日付替わって昨日の朝。
今にしても、なぜ昨日の朝だったのか?

そして帰宅した夜、例の如く賄い料理の最中。
シンク上部の隙間にニョロニョロと蠢くもの!
その瞬間、ピンときた私は殺虫剤を隙間に吹きかける。
殺虫剤を浴びたヤツがシンクの中に落ちてきた。
やはりムカデだ!

この虫に噛まれると、意外に大きな被害を被る。
一度噛まれた経験から、ゴキブリ以上に警戒している。

もし噛まれたら、冷やすのではなく暖めるのが得策とか。
42℃程度のシャワーを浴び、傷口の毒を洗い流す。
シャワーがないときは、同等の温度の蒸しタオルで
傷口を覆うだけでも効果が期待出来るとか。
噛まれた本人の体質にもよるが、
傷口から大きく晴れ上がる場合もあるらしい・・・

この時期、まだまだ活動が盛んなムカデ。
自身から攻撃を仕掛けるのは稀らしいが
何かのきっかけで接触すると噛む攻撃に出るのが習性。
寝ているときなど、知らぬ間に刺激して噛まれると悲惨だ。
噛まれたときの対処法を間違えぬように・・・

|

« お詫び | トップページ | 久々の休肝日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お詫び | トップページ | 久々の休肝日 »