« ウチにもマー君 | トップページ | 乙女の祈り、熟女の願い? »

2013年8月12日 (月)

酷暑の中で、怒りをKEI○電鉄に!

日付が替わった昨日、8月11日の日曜日。
知人と逢う予定があるのだが、先方は炎天下で仕事。
私は、自宅待機でノウノウと半裸で昼寝を決め込む。
夢ウツツで聴く遠雷の響き。
そういえば午後の降水確率は高かったなぁ・・・(ムニャムニャ)

知人からのメールかと目覚めると、沿線の電鉄会社から
運行状況のオ・シ・ラ・セ♪
曰く、落雷で電車の運行を見合わせ・・・
ヲイッ!!
最近の貴社は、電車が止まると運行再開が大幅に遅れる。
案の定、オ・シ・ラ・セ♪には、運行再開のメドなしと・・・

かの知人には、どうしても渡しておきたいプリントがある。
そんなもん、メールで転送すればよいものを・・・
そこは、どうしても逢って直接に手渡したいワケがある。

こうした非常時の為に
首都圏の電鉄会社間で振替輸送の取り決めがある。
通常通っている鉄道とは違う他社線にタダで乗れるもの。
 (ただし定期券持参者のみに適用される無料代替輸送手段)

私は、最寄駅から一駅歩けば振替輸送を利用できる。
問題は、そこから北方に行きJR東日本を利用するか?
はたまた南方に行き、他社私鉄路線を利用するか?
経路の選択肢は南北に行った先でも複数に分かれる。

しかし!最も恐ろしいのは帰りの足だ!!
復旧の見通しが無く出掛けて、今日中に帰宅できるか?!

だが、行かざるを得ない以上、ハラを括って出掛ける。
知人と逢いながらも、運行状況をネットで確認。
やはり振替輸送しかないか? と覚悟を決めて駅に向う。
駅に行き着くと、少し時間稼ぎをした所為か
直通で帰宅できる電車が運行開始した。

これ、改札口では一切案内は無かった。
ホームに着いて初めて直通電車があるとわかる。
同じ駅の中での混乱は何に由来するか?

日頃は役に立たない構内放送を、惰性で流しているのに
肝心な時の情報提供はない。

安全運行は鉄道の主柱だ! 心して運行せよ。

|

« ウチにもマー君 | トップページ | 乙女の祈り、熟女の願い? »

コメント

小さな町に住んでいると鉄道で移動する事など
滅多になく…
鉄道会社がオ・シ・ラ・セ♪のメールをくれるとは、
世の中も進んだんだなぁ~と、ひとり感心致しました。

でも、そこまでやるなら、途中経過とか、運行再開の
オ・シ・ラ・セ♪もやって欲しいなぁ。

投稿: はなまるちゃん | 2013年8月13日 (火) 18時21分

はなまるちゃん、いらっしゃい。
関東の残暑は衰える様子がありませんが
そちらの暑さは、冬の寒さと同様で筋金入りらしいですね。
どうぞご自愛ください。

さて、電車が運休する~当事者は「運転を見合わせている」といいますが~
公共交通機関に依存している首都圏では、即、大きな問題になります。
実は、翌日も落雷の影響で運行に混乱が出ました。

そうした状況は、自分のメールアドレスを登録すれば
自動的に情報メールが届くシステムです。
多分、他の首都圏私鉄でも導入しているでしょう。
復旧の目途は、そのメールに表示されたURLにアクセスすれば得られます。
実際にアクセスしても詳しい情報提供はありません。

こうした情報システムへの情報提供を緊密にすることは欠かせないサービスですが
それより安全で確実な運行が最大にして唯一のサービスです。
災害対応(セキュリティ管理)だけでなく、運行の管理体制を疑います。

投稿: kattu | 2013年8月13日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウチにもマー君 | トップページ | 乙女の祈り、熟女の願い? »