« 梅が去り、梅来る。 | トップページ | 盛夏を彩る »

2013年7月 7日 (日)

飛行機雲

宮崎駿監督の最新作が近く公開される
風立ちぬ

出演者の (もちろん声だけの・・・) 顔ぶれを見ると
声しか聞けないのが残念な人たちが並んでいる

  洒落でも聖子ちゃんは出ないのかい!?
  そんな独白に、フンッ!と嘲りが聴こえたような・・・

主題歌は荒井由実
ひこうき雲

ご本人やユーミンのファンには誠に申し訳ないが
私は、彼女のデビューから今まで
あの曲を凌駕する曲は発表されていないと思う

女心を、男の気持ちを切々と綴る詩の世界。
聴く者の心を昂ぶらせ、または哀切に導く音律。
ユーミン・ワールドというべき、その世界の一つひとつより
ひこうき雲が、少なくとも感性において抜きん出ていると
私は信じて疑っていない。

私が子どもの頃から飛行機雲が好きだという
個人的な事情を排しても、やはりひこうき雲が描き出す
音の世界、目に浮かぶ空の情景は
荒井由実という瑞々しい感性ゆえに成しえたのだと。

人間は大空に憧れる
あの空を飛んでみたい

だからだろうか?
私は飛行機雲にドラマをみてきた。
飛行機雲を曳くジェット旅客機の中に、人々の一瞬をみる。
長距離バスや、夜汽車や、海峡を渡る船にも
それぞれの人の数だけ、ドラマはあろうが・・・
なのにジェット旅客機なのだ。

夕闇が降り立った地上から見上げると
天空を飛ぶジェット旅客機は、まだ太陽光を浴び輝いている。
真っ青な空に、真っ白の飛行機雲。

何処へ行く? 何をしに?
行く先に愉しみが待っているか?
厄介を解決に行くか?
悲しみに打ちひしがれているか?
嬉しい事情を携えているか?

それぞれのドラマを引き摺って飛行機雲はのびる。
いってらっしゃい
そして帰っておいで・・・

8c75x58y115t72img_1801

|

« 梅が去り、梅来る。 | トップページ | 盛夏を彩る »

コメント

八王子市内のユーミンさんのご実家付近から
飛行機雲を見つけることが出来れば、
当時と同じ感性に浸ることができるのかな?
なんて思ったことがありました。

ラストの、「いってらっしゃい」
だけでなく、「帰ってらっしゃい」で終わるところが
kattuさんらしく素敵ですね!

帰路なしは、J・デンバーの「悲しみのジェットプレーン」
ですかね。この曲も大好きなんです。

投稿: スナフキン | 2013年7月 7日 (日) 21時51分

スナフキンさん、いらっしゃい♪
目のトラブルは快方なさったのですか?
あちらへのコメントを遠慮しておりました。

ユーミンの世界は独創的にして、極めて映像的ですね。
私、深夜の中央フリーウェイで
右に左にカーブを描く「滑走路」に目を凝らした経験があります。
そんなとき脳裏に浮かぶのがユーミンの曲です。

(コメントの掲載記事を勝手に移動させていただきました。)

投稿: kattu | 2013年7月 7日 (日) 22時20分

「風たちぬ」は観客動員数がすごいそうですね。

ひこうき雲・・・あの旋律を聴くと 2番目の恋をした若い頃にワープします。
その時間が香り付きで蘇りますね。

はい、香り・・・その時吹いていた潮風に混ざった日焼けローションの匂いや 車のアイドリング中の匂い・・・

音楽って凄い・・・

今は・・・ 5歳年上だったから かなりのオジさんになった彼も
きっと 最近話題になっている「ひこうき雲」に 胸を熱くしたかもしれない・・・・と ニンマリする私^^

だって偶然にも 主人公の恋人は 私と文字も同じ名前だったからです。

投稿: 菜っ葉の菜 | 2013年7月28日 (日) 14時34分

はいはい! ごちそうさま♪
どうぞ甘~い思慕の世界にドップリつかってください。

キミも観るだろうか? この映画を♪

こちらでは私が嫉妬しました。

投稿: kattu | 2013年7月28日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153377/52366414

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機雲:

« 梅が去り、梅来る。 | トップページ | 盛夏を彩る »