« ハンパな自由研究 | トップページ | 主婦的主夫? シェフ的主夫? »

2013年6月17日 (月)

ピンクのトランペット

毎日、手をかけた植物は正直に応えてくれる。
美しい花を咲かせ、沢山の実をつける。
欲得ではなく、植物と心を通じ合えた歓びである。

住宅街を歩いての愉しみを
そうした植物と人との交流に見い出すことができる。
私の職場の近くにも、植物をマメに手入れし、
四季を通じて花を咲かせていらっしゃるお宅がある。

そうしたお宅の一つで咲いた花。
トランペットというそうな。

60x46y142t76img_2485  その蕾みはダラリと下がって
 咲かせる花に期待を寄せるのを
 拒んでいるかのような風情がある。

                             しかし、その蕾が開花すると!

5hi5sy128t66img_2567
 このように淡い上品なピンクの
 それでいて凛とした花を咲かせます。

 トランペットと名付けられた
 このピンクの花が音を奏でるとしたら
 どんな音を奏でるのでしょう。                                                   

46x24y147t76img_2572  淡い色彩に包まれて
 朝を迎える歓びはいかばかりか・・・

|

« ハンパな自由研究 | トップページ | 主婦的主夫? シェフ的主夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンパな自由研究 | トップページ | 主婦的主夫? シェフ的主夫? »