« 銀座・三原橋下、終演ののち。 | トップページ | 梅が去り、梅来る。 »

2013年6月30日 (日)

夏の話題

今年の梅雨が明けたのは沖縄地方だけというに
夏の話題は早すぎますか?
しかし、真夏を控えた話題は既に散見できます。

ひとつは、梅雨明け直後の沖縄で開会した
甲子園地区大会(第95回全国高校野球選手権記念大会)がそれ。
南北海道大会も開会したが、国内の南と北で同時開催とは
因縁はないのだろうが面白いことだと思う。

甲子園というだけで、その意味がわかり。
甲子園と聞くだけで、人々の心を振るわせる。
人々はなぜ甲子園に想いをよせるのか?

甲子園を夢みて日々の厳しい練習を繰り返す選手たち。
応援するのは学校関係者に限らず、
地元の人々や、地元を離れた人々。
あるいは一切の繋がりがない人々。
球場で、テレビで、ラジオで・・・それぞれの応援。

純真、真摯。
高校野球が、それらの言葉で括られ得るとは思わない。
しかし、やはり選手たちのプレーをみると
幻想でもよいから純真さを、真摯な心を信じたくなる。

150x140y100t66img_3075  真夏の野菜といえば
 やはりトマトにつきましょう。
 一年を通して口にできても
 真夏の陽射しを浴びたトマトは
 格別のご馳走です。


もうひとつ夏の話題。
先日、サザンオールスターズが5年ぶりに
グループとしての活動を再開する発表があった。
ファンが待ちに待った瞬間であり、熱い夏になるでしょう。

私は殊更サザンのファンではないが、
たとえばバイキング料理のように音楽が並んでいたら
一枚目の皿に彼らの音楽を選ぶ確立は高い。
顔中を汗だらけにして唄う桑田クンの姿は
やはりサザンオールスターズの中にあって一段と輝く?

|

« 銀座・三原橋下、終演ののち。 | トップページ | 梅が去り、梅来る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座・三原橋下、終演ののち。 | トップページ | 梅が去り、梅来る。 »