« メールおくれよCX! | トップページ | 信州・撮影バカ日誌 ~その1~ »

2013年6月 1日 (土)

やはり違うゾ! 女と男

男女平等やら男女同権はいい。
性別で権利や存在が脅かされてよいハズはない。
しかし、女と男を同等とみなす考え方と
男女の違いを認識し、互いに認めあうこととは違う。

医療に従事する女性を看護師と称するようになって久しい。
私のような助平オヤジは論外として、純真な子供たちこそ
優しい看護婦さんの笑顔に癒され、
病と闘う勇気を得られた例は少なくは無かろう。
遠くない将来には看護婦という言葉は死語と化すのだろう。
しかし、医療の世界はそれでよいのだろうか?

もう一つ。
妙齢な女性を、一派一絡げで俳優と呼ぶ慣わしは最近だね。
若い衆は知らんと思うが、
辰巳柳太郎と山田五十鈴を俳優と呼んでよいものか?
辰巳柳太郎は役者であり、山田五十鈴は紛れもない女優だ。
芸の世界に、お上の都合を蔓延らせるなぞ野暮の極み。

巧の役者と、艶の女優を、纏めて俳優と呼ぶお役所仕事
日本の芸能文化は廃れる

|

« メールおくれよCX! | トップページ | 信州・撮影バカ日誌 ~その1~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メールおくれよCX! | トップページ | 信州・撮影バカ日誌 ~その1~ »