« ピンクのトランペット | トップページ | みたび、コトの始まりはコレ。 »

2013年6月18日 (火)

主婦的主夫? シェフ的主夫?

今夜(17日)の献立。
夜、仕事が終わって帰路に着きながら
今夜の夕飯は何にすべぇ・・・

家族全員が働きに出て、夕飯を作る専任者が居ない。
そこで、先に帰った者が夕飯を作れ!
これは家人のひと言。
概ね、私が一番で帰宅するので、その役目は私の肩に。

今夜は鶏のもも肉を使わねば・・・
この数日実現できなかった鶏肉の照り焼きにしよう!
と決めたところで電車のシートで眠りにつく。

が、目覚めて気分が変わる。
買い置きの野菜を使わねば腐る!
あのサラダスパも使いたい!

そこで変更されたメニューがコレ。

227x207y8hi3s194x212y160t72img_2761  鶏もも肉のオリーブオイル風味
 カレー味炒め。


鶏もも肉は、一口大に切って、少量の塩とナツメグ
それにカレー粉をまぶして揉みこむ。

上記の鶏肉を、熱したフライパンで焼く。
熱したオイルに少量のニンニクを加えてから
鶏肉を焼くのは好みで・・・
オイルの比率はサラダ油:オリーブ油が6:4。

途中で薄切りの玉葱を加えていためる。                鶏肉に火が通ったところで白ワインを
なければ料理酒を振り掛け、
カレー粉を加えて味を調える。
火を止め、全体に少量のレモン汁を振り掛ける。
味見をするなら、少し薄味か? が絶妙の味付け。
味見で美味いのは、食べ終わって濃すぎる味になります。

添えるサラダは・・・こっちの方が手間が掛かる?
材料は、レタス、アスパラガス、オクラ、トマトなどなど・・・
これは旬の材料で変更可能です。
加えてツナと、温泉卵 (市販の出来合い品) を奢りました。

アスパラガスとオクラは軽く茹で、冷水でさらしたあと
各自の美意識で切ります。
ドレッシングは市販のものを使うか、温泉卵を和えるか?

夕飯は単なる食事? はたまた味気ない餌?
出来れば、慎ましくも料理でありたい。

|

« ピンクのトランペット | トップページ | みたび、コトの始まりはコレ。 »

コメント

ご無沙汰しており大変恐縮です。
なん物もの才能を天から与えられておられ
本当に羨ましい限りです。
特にお料理の話題のときは、妻に鬼の首を取ったような
勢いで嫌味を言われ何も反論出来ません(笑)

投稿: スナフキン | 2013年6月19日 (水) 22時10分

スナフキンさん、お久しぶりです。
お元気でしたか? いや、本心は奥様が健やかかどうかが気掛かりですが・・・(わはは)

私なぞ写真を撮るにも、料理を作るにもガァ~ッ!といってバァ~ッ!とやってオシマイ!!
出たとこ勝負の気分屋ですから、底は浅いのです。

投稿: kattu | 2013年6月19日 (水) 22時48分

料理の話。
スポットのアウトドア系ならば、自分も一言言えるのですが
日々の糧となると声が小さくなります(てっか、文句言おうものなら・・・)

感謝して、いただきます!

投稿: 川崎 | 2013年6月21日 (金) 21時52分

川崎さん、世の女性の何と逞しいことか・・・
外で働き、帰宅しては家事(ときに育児や介護)。
そうした女性と比べ、私なぞ所詮は代用品。
偉そうなコトを言おうものなら、藪を突いて蛇を出す。
先日も、家人が賄いをした後で珍しく洗い物をしたら
息子の飯茶碗を割ってしまいました。
そんなナンチャッテ主夫だからこそ勤まるのは
「やっぱり男ねぇ・・・」と、世間の女性の目があってこそ。
厳しい視線が、かえって免罪符になるようです。

投稿: kattu | 2013年6月22日 (土) 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンクのトランペット | トップページ | みたび、コトの始まりはコレ。 »