« アルバム 「夜を撮る」を更新 | トップページ | 写真の深層 »

2013年4月 8日 (月)

東京スカイツリー 三態

アルバムの「まちかど写真館」に東京スカイツリーの
ライトアップ画像を追加しました。

  東京スカイツリー 雅
  東京スカイツリー 粋
  聖夜の東京スカイツリー

掲載順番は、それぞれの撮影日で決まるようで
更新をサボっていた分、順番が変わっています。
ちょっとスクロールして探してください。

東京スカイツリーは建設途中から撮影してきました。
昼間に見る姿と、夜間のライトアップされた姿とでは
また一味違った印象があります。

今更ですが・・・
各アルバムを開くとサムネイル表示され
なぜか画像と文章が重なって表示されます。
その原因は未だに解明出来ていませんが
画像をクリックしていただくと、本来の表示になります。

|

« アルバム 「夜を撮る」を更新 | トップページ | 写真の深層 »

コメント

生のスカイツリーを 1度は観てみたいです。 ちょうど去年の2月に息子たちと ぶら~っと車を走らせて和歌山から川崎市の友人宅まで日帰りで行ってきました。最近の東遠征はそこまでです。毎年 富士山麓でキャンプ仲間とオフ会をするので ついでに花の東京まで行ってこようかな^^

2008年1月15日 (火)の「写真展にて」の中に 「自然の景色を持ち帰る・・・」というお話がありましたね。 私はとても共感して主人に申しましたら「え~なぁ そのとおりやなぁ」と感動!

すると・・・こま○ぇさんの ところに主人がお礼のコメントを入れているのですが・・・しっかりパクっていました(笑)
すごく気取って書いているので「ホンマに解って書いてるのか?」って聞いたら 「彼が解ってないかもしれないから教えてあげた」って。。。。ここだけの話です。すみませんm(__)m

投稿: 菜っ葉の菜 | 2013年4月10日 (水) 10時32分

菜っ葉の菜さん♪ 随分古い記事まで読んでいただいたのですね、多謝感謝。
あの記事を自分で読み返して汗顔の至りです。
http://kutt174-miyaguchi.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_af82.html
それでも、あの想いは持ち続けています。

写真を撮るとき、最も大切なのは「その時、そこに居る」ことだと考えます。
路傍の草花であれ、絶景であれ、寄り添う大切な女(ひと)であれ
その瞬間を逃すことなく写真に取り入れる。
これこそ写真の醍醐味だと考えます。

ご夫君がコメントを入れた、あの方の写真にはケレンを感じ
私にはコメントの言葉が浮かびません。
あの副○○人にとっては好みの写真なのだと思います。

時にオノボリサンになって、東京の街角を愉しんでください。

投稿: kattu | 2013年4月10日 (水) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルバム 「夜を撮る」を更新 | トップページ | 写真の深層 »