« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

さらば勘九郎

4月2日に杮落し公演を待つばかりの歌舞伎座では
新開場を控え、祝いの行事が続いているようだ。
しかし、歌舞伎座新開場は哀しみを秘めた船出となる。
十八代目中村勘三郎と、十二代目市川團十郎という
二枚の大名跡を相次いで失った痛手は計り知れない。

  さらば勘九郎
    歌舞伎は二十一世紀の生きた演劇
  中村成美著 幻冬舎刊

勘九郎とは、当代の六代目中村勘九郎ではない。
五代目中村勘九郎が45年の永きに渡り、
その名を愛し続けた日々を、本人が熱く語り継いだ姿を
描いた著作である。

平成13年12月
著者である中村成美は、新聞連載の特集第1回の
インタビューの相手として中村勘九郎を取材する。
著者は、まず中村家の稽古場に通された。
そこには、勘九郎の祖父である六代目尾上菊五郎と、
父である17代目中村勘三郎の肖像写真が飾られた
厳粛な世界であった。

その場で何枚かの取材写真を撮ったのち、私邸に誘われ
取材陣は勘九郎と妻である芳江ともども、
親しく歓待を受けることになる。
その場での勘九郎の話はとどまるところを知らず、
深夜に及んだインタビューの終いに勘九郎は言った。
「これから月に一度、こうしてインタビューしてよ。
オレはまだまだ語り足りない」
爾来4年に渡り、著者は勘九郎の話を聴き寄り添う。


平成16年夏。
ニューヨーク・リンカーンセンターで開催された平成中村座は
初日がはねたあと、館内は異様な興奮に包まれていたと、
著者は思い起こす。
夏祭浪花鑑 (なつまつりなにわかがみ) 

ニューヨークのブロードウェイで受け入れられた瞬間であった。

賞賛は観客ばかりか、
俳優であり、脚本家やプロデューサーとして活躍し、ニューヨークの
演劇学校副校長であるジェームズ・リプトンをして興奮させた。
彼は著者に「役者の中の役者。そうとしかいえないよ」と語る。

また辛口の評論で知られる演劇評論家のベン・ブランドリーも
手放しで勘九郎の舞台を賞賛した。
その評論で勘九郎が何より感激したのは、
彼の歌舞伎を現代の演劇として、
正面から評価されたことに他ならない。

日本の歌舞伎をフジヤマ、ゲイシャの延長線上の
様式美として捕らえることなく
純粋な演劇として評価された事実は勘九郎を興奮させた
あわせて世話物という、歌舞伎でも難しい演目の主題を、
日本人以外から正しく理解され評価されたことに感激するのだった。
正に勘九郎が追い求めてきた二十一世紀に生きる演劇として
歌舞伎が世界から評価された瞬間でもあった。

江戸三座の座元であった初代の中村勘三郎が
歌舞伎におプロデューサー的な存在だった血を引いたのか、
勘九郎は早くから新しい歌舞伎を創ろうとしていた。
そこには、伝統の上に胡坐をかいた時代の遺物としての
歌舞伎でなく、二十一世紀に通用する新しい歌舞伎の
創造を目指す視点があった。

勘九郎は演出家の串田和美と組み、
コクーン歌舞伎や平成中村座を創り上げた。
また野田秀樹とは、
野田版歌舞伎で新しい歌舞伎の世界を展 開した。
しかし、そうした新しい試みの根底に流れるものは、
歌舞伎への熱い想いであり、末永く続いて欲しい
伝統としての歌舞伎だったのだと思う。
それ故に野田秀樹との論争の中でも、
歌舞伎が歌舞伎である為に越えては成らない一線は
譲れないと強弁するのだった。

勘九郎は十八代目中村勘三郎の襲名を控え、
五代目中村勘九郎して最後の舞台を、
平成十六年十二月、盟友である渡辺えり子作の
舞踊劇 今昔桃太郎 ( いまはむかしももたろう)で迎える。  

これは勘九郎の初舞台である昭和三十四年四月の
昔噺桃太郎 (むかしばなしももたろう)
のその後といえる芝居だった。
この芝居の千秋楽に、彼は多くの舞台関係者が催す
勘九郎を勤め上げた祝いの宴に臨む。
そのとき5代目中村勘九郎でなくなった波野哲明 (本名) は、
これほどまで人々から愛された勘九郎に嫉妬したという。

また、未だ勘九郎の名跡を継ぐ者が居ない時点で
はいやなんだよ、
勘九郎がこの世から消えちゃうのが
と哀しみ
勘三郎をついでも、
死ぬ前に、もう一回勘九郎を襲名するぞ

と、愛妻の芳江に、酔った勢いで駄々をこねていたという。

これは、そうした円熟の五代目中村勘九郎の心意気を
余すところなく表わした一冊である。

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

花と、地蔵と、氏神と。

先に、花見をした都立公園は
私が、およそ四半世紀以上も前に住んでいた界隈のこと。
花を見終え、同行者と懐かしい街並みを歩いてみました。
当時住んでいた建物は取り壊され、
近隣の様子も見慣れないものが殆どです。

それでも、住んでいた当時の商店が健在なのは嬉しい。
なかでも「街の本屋さん」が昔と変わらない佇まいで残り
当時と同じ場所に女主人が座って居たのには感激。
お互い、歳をとりましたねぇ・・・(笑)。

当てもなく歩いていると、八幡神社に辿りつきました。

80130t2img_0548  土地の氏神さまです。
 よく手入れが為された様子は
 昔のままで心が和みます。


725img_0552  境内には豊かの枝を伸ばした桜。
 地元の人達は、ここに来れば
 殊更、人ごみの中を 花見に出掛ける
 要はなし。

88113t64img_0566
 八幡さまと隣接して
 お地蔵さまが鎮座していらっしゃる。
 日本の民間信仰ならではの眺めです。



901126timg_0565
 ははは・・・
 これはオマケ。
 神社の前の道路に寂しく忘れられた
 プーさん大明神。
 ご利益ありや??


ついでに、隣町の商店街までそぞろ歩くことに決定!

5c132t64img_0571

 ふと見ると、民家の庭に得がたい桜。
 毎年、この桜の下で一族郎党が集って
 久闊を叙したものです。
 さぞ、酒も美味かろう。




5c121t72img_0577
 隣の桜並木も風情がります。

 かくして、今年の花見は身の丈にあったか?

| | コメント (0)

同じ銀座で

27日、銀座の中央通りを
歌舞伎俳優など120人が練り歩いたという。
建てかえられた歌舞伎座の再開場を記念する催しとか。

そんな東京・銀座らしい華々しさとかけ離れ
幕を閉じる映画館がある。
東銀座にある歌舞伎座よりも、銀座寄りの三原橋交差点下。
銀座にあって昭和の雰囲気を残す「地下道」にある映画館。

休日ともなれば、往年の常連だけでなく
様々な観客が押し寄せて賑わいをみせる。

廃業に追い込まれる商業施設はみな
日頃から、このように観客があれば
廃業に追い込まれずに済んだものを・・・

142ti72mg_0280

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

のんびりと、花見。

この数年、桜が咲いたといえば
名だたる桜の名所や
花見 (宴会) が盛んな場所を追って来ましたが
今年はユッタリと桜を観ようと
人出の少なそうな場所を訪れました。

東京23区で、二つの区に跨る都立公園。
住宅地に忽然と現れる森林公園を思わせる広い敷地。

94153t64img_0523
 昔の武蔵野を偲ばせる
 とはいかないでしょうが
 様々な木々の様子を愉しめる
 長閑な雰囲気が漂う公園です。





92166t72img_0503  ここを訪れる人たちは地元の人が多いのか
 特に花見を意識することもなく
 中心の広場で思い思いに時間を過ごす。

中にはシートを敷いて、飲食するグループもありますが
呑み騒ぐでなく、仲間と静かに談笑する様子が見えました。

5c9472img_0495  
 湧き上がるように咲き誇る桜は圧巻です。



154t72img_0497  光を受けて、輝くような桜花。

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

副都心の桜

東京都庁舎を望む新宿中央公園で満開の桜を追う。

11064img_0439  黄昏どきを僅かに過ぎ
 街灯の光りが目立ちはじめる頃
 明るさを残した空を背景に
 あの庁舎が辺りを睥睨する。





11064img_0443  足元の公園では
 あのブルーシートが目に付かないものの 
 どこかウラ寂しい・・・






11072img_0458  その高みから
 足元の些細な生活が見えるか?

 一時、注目を浴び、直ぐ忘れられる存在。

| | コメント (2)

2013年3月24日 (日)

狭間の桜

この土日は、各所で花見に繰り出す人々が
多数見られたようです。
特に、桜の名所なれば例年の人出は想像を絶します。

そんな中、あまり人目に触れることない桜を見つけました。
住宅地で、民家の屋根越しに見えた桜に近寄ると
古いアパートと、新しいマンションに囲まれるように、
それでいて堂々とした桜の古木がありました。

11064img_0425

| | コメント (0)

2013年3月23日 (土)

こけらおとし

東京 晴海通り
築地から銀座に向う途中、東銀座とよばれる界隈で
歌舞伎座の前に出る。

5a7c15t72img_0239  老朽化で取り壊されたのち
 再建された新しい歌舞伎座。


5a7c138t72img_0249  今は来月 (四月) から1年間続く
 柿葺落公演を待つばかり。



5a7c128t72img_0256  一点の翳りもない白壁は
 歌舞伎関係者の期待と心意気が
 沸き立つように感じられる。


5a7c1396t72img_0276  そのような高揚感を抱きながら
 あるとき
 埋めようもない哀しみを思い出す
 そんな日々ではないだろうか?

昨年末から今年の初めにかけ
歌舞伎界は大名跡の二枚の看板役者を亡くした。

5a5c72  第十八代 中村勘三郎
 第十二代 市川團十郎 
 彼らが、新しい歌舞伎座の舞台に立つ
 その思いは人一倍であったろう。

5a7c138t72img_0264  お二人の、無念な役者魂を鎮めるには
 私たちが一人でも多く、
 歌舞伎座に詰め掛けるところにあろう。


5a7c72img_0263
 柿葺落公演の初日を
 千客万来の賑わいで迎えたいものです。

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

桜ばかりでなく

都内の桜は明日にでも満開になるとか。
限られた期間しか愉しめない花の儚いことよ。

この時期、話題になるのは桜花がほとんどだが
気をつけると様々な花が見られる。

805rgb107t64img_0305  赤い大振りな花
 紅卜伴というそうです





5c64img_0344
 こちらは午後の傾きかけた
 陽光を浴びたハクモクレン





桜が散ると本格的な春、そして初夏。
たくさんの花が開花していきます。

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

クリスタル桜

先日、横浜みなとみらいを訪れたとき
最後に寄った横浜ランドマークタワーで
ひと足早くクリスタル桜が咲いていました。

5c112143t64img_0084  桜の花びらは造花
 チェリーがクリスタル。

 

花と実が一緒に存在する
 そんな不条理には目を瞑りましょう。




1307ac64img_0078
 照明が落とされているため
 なかなかクリスタル感を出せずに
 試行錯誤してみます。




7ac141t64img_0082
 これで何とか見られるかしら?

 今度の日曜日が絶好の花見日和。
 さて、どこに行きますか?
 花が綺麗で、人出が少ない。
 そんな場所は都内にはないでしょうね。

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

驚き桃の木、これは桜木。

東京で早々と染井吉野の開花宣言が出された翌日
2013~14 秋冬東京コレクションが開催された、とか。

昼間、知人と街を歩いているとき、U社の店舗前を通り掛ると
その知人曰く「ヒートテックはもう無いかな?」とのたまう。

この業界は先取りが常識だから無理だろう。
夏の終わりになれば、また店頭に並ぶのでは?と
冗談をいったものです。

それが一気に、この秋冬コレクションとは・・・
商談を纏めて、素材を揃えて、縫製に掛かるとすれば
決して早い時期ではないのでしょうが、額に汗が滲む話。

3a5c132t72img_0331

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

開花宣言

気象庁が本日(16日)、染井吉野の開花宣言を行った。
平年より10日早い開花だという。

満開は今月末か・・・
入学式や、新学期の始業式には散っていそうだ。
幼稚園の入園式や、小学校の入学式には桜が似合うが
今年は残念な門出になりそうだ。

社会人は桜が咲く下で、新しい出発が出来るだろう。
桜があろうとなかろうと
希望の門出は平穏に踏み出したいものだ。

88g15t64img_2283

| | コメント (0)

横浜みなとみらい再訪

この1月末
横浜美術館で開催されていた写真展を観るため
横浜みなとみらいを訪問し
その様子は3回ほどに分け、このブログで紹介済み。
あの折は夜間撮影が多かったので
今回は昼間の景色を撮らんと再訪した。

東急・東横線から繋ぐ、みなとみらい線の終点は
元町・中華街駅。
にもかかわらず、この日の目的は食い気に非ず。
山下公園に向う。

Img_9950t72  みなと横浜といえば、まずは氷川丸。
 観閲式よろしく、とも綱に水兵さんが整列。
 彼らは結構勇猛果敢らしいですね。
 あのカラスが一目置くそうな・・・

92gimg_9963t72  氷川丸と山下公園を挟んで対峙するのが
 ニューグランドホテル。
 こちらも氷川丸に負けない横浜の歴史。
 ちょいと泊ってみたいが、独りでは無粋か?

Img_0001t72  横浜開港記念館
 中には何点かのステンドグラスがある。
 館内を気ままに散策して撮影するつもりが
 ボランティアのガイドに捕まる。

連れが、何となく案内を承諾したものだから
正直、厄介なガイドと館内を巡ることになる。
加えて、当日は館内を貸し出していたため、
目当ての講堂を見られず、欲求不満気味・・・

94g133t64img_0007  

 

それでも館内の照明は昔をとどめ
 その優雅な灯りに気持ちが和らぐ。



5rgb8c165t96img_0030  横浜赤レンガ倉庫。
  休日はイベントが開催され
  諸々の補修工事の残骸が景観を損ねる。

5c134t72img_0088  結局、夜景を眺めるまで腰を落ち着ける。
 横浜ランドマークタワーの最上階からの眺め。


86g6a8c72img_0123  高みから、神でもない分際で
 下界を眺める気持ちよさ。
 昼間見た氷川丸がライトアップされている。


5c146t72img_0121  そして横浜港といえば横浜ベイブリッジ。



東京から横浜に向う、東急・東横線は3月16日から
東京メトロと直結し、その先は埼玉県とも繋がる。
偶々、東横線の始発駅である渋谷駅を通った家人によれば
最後に地上駅と車両をカメラに納めんとする人々で
混乱をきたしていたとか・・・

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

聞き違い 覚え違い

日本語の誤った遣われ方を憂う、または憤慨する先生。
この方は教員経験があるので、エセ知識人をヨイショする
軽称 (敬称を揶揄した言葉を創りました) ではありません。
その著書の中に面白い一文を見つけました。
ある新聞の投稿欄で見つけた面白い笑い話しのこと。

投稿氏が言う。 (と、先生の言)
投稿氏が小学生のとき、テレビのアニメ番組を観ていた。
主人公がグランドを整備する大きなコンクリート製の
ローラーを曳いている映像に流れる主題歌の歌詞。

思い込んだら試練の道を、ゆくが男のど根性・・・」
この歌詞を、かの投稿氏は、こう解釈した。
重いコンダラ・・・
先生はここで歓喜する。
こんな間違えは神でも侵さない天才的創造だと。

あのコンクリート製のローラーをして、コンダラと命名する
誤謬に心から喝采をおくっていらっしゃる。
言わずもがな 巨人の星 のオープニングだ。

こうした聞き間違いや、覚え間違いは
何方も経験があるのではないでしょうか?

私にもあります。
昭和30年代と思いますが、木下恵介監督の松竹映画
「喜びも哀しみも幾年月」。
灯台を守る職員一家の、まさの喜びも哀しみをも描いた映画。

その主題歌の冒頭に
オイラミサキノトウダイモリハ・・という歌詞がある。
子供の私が解釈したのは
オイラ岬の 灯台守りは・・・
果たして、この一家が暮らすオイラ岬とは、どこにあるか?

この一家は、オイラ岬にある灯台を守っているのだと
確信して幾星霜。

あるとき、何気なくテレビを観ていて、確か
ビートたけ
だったとしと思う。
彼がオイラは・・・という発言を聞いたとき、
私の全身に電流が走り抜けた思いがありました。
あの歌詞は 俺ら 岬の灯台守りは・・・ であったかと。

まだある。
昭和の大スター、石原裕次郎のヒット曲に
錆びたナイフという曲がある。
男が砂を掘っていると錆びたナイフが出て来たという歌詞。
歌はいう、何処のドイツが埋めたか?・・・

少年の私は思う。
どこのドイツといって、西ドイツか東ドイツしかあるまい?
当時、世界は東西冷戦の真っ只中。
ドイツはベルリンの壁で東西に分断されていた。

百歩譲って、二つのドイツのどちらかが埋めたにしても
何処のドイツではなしに、どっちのドイツというべきでは?

どうやら、この頃から小賢しい理屈を捏ねる
可愛げのないガキだったようで・・・

| | コメント (2)

2013年3月10日 (日)

昭和の残滓

今年になって、あの昭和の大横綱・大鵬が亡くなられた。
全盛期には 巨人・大鵬・卵焼き と、
当時の少年たちにとって憧れの存在だった。
引退後は、現役時代と比べて不遇を囲った日々を重ねられた。
昭和を代表する大横綱の死は、ありきたりな表現ではあるが
昭和は遠く成りにけり と感慨をもって思わざるを得ない。

今や昭和を体現することは難しいと思いきや、
古びた民家の玄関と出会った。築後数十年と見えるが、
重要文化財として指定を受けるような建物ではない。

84g5c133t64img_0138  建物としては現役で、
 脇にアルミサッシのドアがあり、そこが
 日々の出入りに使われているようだ。
 今では開ずの玄関と成って居るものの
 敷居を跨いで踏み入ると土間があり
 上がりかまちがある。
 以前はどこにでも有った 典型的な
 日本家屋の玄関といえる。

その玄関前に放置された自転車を見て思い出した。

84g5c142t64img_0143  嘗てパソコン通信が華やかだった頃
 あるところに投稿した、極めて懐古趣味の
 私的な散文である。
 一部を加筆修正して載せてみる。


あの頃 みんな野球少年だった

何処にでも原っぱがあって

5~6才のハナタレ小僧から小学6年生までが一緒に遊んでいた。

遊びはもっぱらソフトボール。

2チームに分かれての試合ではない。

三角ベースで、7~8人が替わり番コでバッターボックスに立つと、

誰もが「ヨバン、サード、ナガシマ」になっていた。

スポーツといえば、大人も子供も野球がイチバンだった。

東映のチャンバラ映画全盛期。

僕のお気に入りは、アズマ チヨノスケ。

自分で作ったカタナを振り回しては、剣豪を気取っていた

テレビは白黒で、地方都市ではNHKしか入らなかった。

「ジェスチャー」は、オガワ ヒロシ。

「私の秘密」は、タカハシ ケイゾウ。

そして、「素人のど自慢」は、ミヤタ テル。

ローマでオリンピックがあった。

アベベ・ビキラが、闇のアステカ街道を駆け抜けた。

四年後は、東京だ。

僕は、こづかいを握りしめて駄菓子屋に走る。

南部煎餅に水飴をはさんだだけの素朴な菓子があった。

5円だと、1枚の煎餅を半分にして水飴を挟んだものが買えた。

10円では、2枚の煎餅で挟まれたものが買えた

それが飛び切りの贅沢だった。

 

元気だった父さん達の楽しみは晩酌に呑む焼酎。

父さんの休みには自転車に乗せられて出掛けた

速かった。

母さん達は、みんな肝っ玉かあさん。

手を真っ赤にして、タライとセンタクイタで洗濯していた。

みんな貧乏だったけれど、心は豊かだった。

| | コメント (2)

2013年3月 7日 (木)

桜咲く

6日の陽気に誘われ桜花が開花した。
染井吉野はまだだが、そればかりが桜でなし・・・
本格的な春の訪れ。

94g152t72img_0162

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

三菱一号館美術館

東京・丸の内
皇居前の、この一帯は
徳川将軍家の居城を護るべく、幕藩体制が瓦解するまで
諸大名の屋敷が連なる武家地としてあった地区、と思う。

維新後、民間に払い下げられ
三菱財閥が、今でいう再開発を為し何棟かが建築された。
その建築物の一つが、当時は東九号館と称せられ
現在は美術館となっている。

Rgb72img_9870  設計は三菱財閥を率いる
 岩崎家の旧岩崎邸を設計した
 ジョサイア・コンドル。


現在のテナントビルの先駆けとなる洋風事務所だった。
当時の設計図を基に、ほぼ完全な形で再建され
2010年4月に美術館としてオープンされ
資料館やカフェを併設する、都心では貴重な美術館。

90g72img_9895  この日は、三菱系の企業が企画した
   奇跡のクラーク・コレクション
  ルノワールとフランス絵画の傑作~
 珍しい夜の芸術観賞。

いわゆる世に名高い名作はないものの
その分、あまり眼にすることがなかった作品が並ぶ。
印象派を中心にルノワール、コロー、ミレー、マネ
ピサロ、モネ。
あるいはシスレー、ドガ、ロートレックなど
幅広い画家の作品を鑑賞できる。

90g129t72img_9844  隣り合う建物に囲まれた中庭には
 美術館らしい落ち着いた雰囲気がある。



90g64img_9890
 特に、この婦人像は印象深い。
 昼間見ても、こうして夜間に見ても
 しっとりした存在感は
 決して周りを威圧することなく
 密やかにそこにある。


90g72img_9850  元々、丸の内という静かな環境にあって
 殊更、異空間を感じさせるのは
 明治期の雰囲気を伝えるからか・・・


90g64img_9903
 2フロアーに及ぶ展示を鑑賞し終え
 階下に下りる階段にも
 明治の洋風建築らしい意匠が施されている。




95g133t64img_9907

 

いつも変わりなくある婦人像








| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

同病相憐れむ

関東で春一番が吹き荒れた3月1日。
花粉症を囲う人々には過酷な一日であったであろうか・・・

この数日来、周りから花粉症に苦しむ声が絶えない。
まして強風で花粉が飛散したなら、その被害は計り知れない。 
2月14日の記事にあるように、花粉は水に反応して弾けるとか。
昼間は強風で花粉を叩きつけられ、
夜は雨で弾けた花粉に襲われ、いやはや散々な一日。

私の場合、症状が緩和した近年は穏やかに迎える花粉症。
その重い症状が出た頃は、クシャミ、鼻水、鼻づまり。
加えて眼は痒いし、時に喉が痛くなる。
熱っぽく、身体のだるささえ覚える始末。

古典には、哀しさのあまり「枕が浮くほど」涙を流す
といった表現があるようですが、
鼻水の海で溺死しそうな(バッチイなぁ!)有様。
それが大袈裟なら、鼻水の多さで脱水症状になりそうな・・・

眼の痒さには、眼球を取り出し
鬼太郎の親父の如く、お椀の湯船でチャプチャプと
湯浴みをさせたいほど悶え苦しんだものです。

クシャミも、深夜寝ている時、発作的に襲われ
呼吸困難になるほどの激しさ。

いまでこそ、そうした症状は緩和され
多少は楽に迎えている花粉症ですが、
私の鼻炎はアレルギー性が強く、環境や気象状況でも
反応するので一年中油断出来ないのが悩みのタネ。

特に、この時期は同じ辛さを味わっていらっしゃる方々と
花粉を恨む日々が続きます。

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »