« 写真とは誠に都合のよいもので・・・ | トップページ | 中国版 トップガン? »

2013年2月 6日 (水)

イジメと五輪の間にあるもの

社会的な問題になりながら減らないイジメ。
教育関係者の対応の鈍さに歯噛みするばかり。
今回判明した日本柔道界の不祥事にも同様の思い。
しかし、双方に微妙に異なった思惑と対応があると思うは
邪推か、正鵠を得ているか・・・

日本柔道の五輪代表選手たちが、選手生命を賭した訴えは
当初、日本柔道連盟に無視されたそうな。
日本柔道連盟への訴えで果たせなかった告発は、
その後、日本五輪委員会(JOC)に委ねらるが、
JOCの対応も決して迅速なものではなかったたようだ。

しかし、その問題があからさまになると
ナンとも迅速と見える対応を為したものか・・・

学校のイジメは個々の問題だ。
しかし、日本柔道連盟の問題は東京五輪誘致に
重大なカゲを落とす。
あくまでも個人的な問題と、国家的な問題と
発生原因は同じでありながら、その先にある思惑次第で
対応が異なる現実を見せられて、
東京五輪開催が実現されたとて、素直に喜べるものか?

今日も、日本柔道界や五輪委員会の役員は
東京五輪開催を目指し、世界を奔走するようだが
明日の五輪誘致が、今日のイジメ問題より大きく捉えられる
傾向が何よりも憂いられる。

|

« 写真とは誠に都合のよいもので・・・ | トップページ | 中国版 トップガン? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真とは誠に都合のよいもので・・・ | トップページ | 中国版 トップガン? »