« 勝負料理 | トップページ | また降るかい? »

2013年1月20日 (日)

これは、どうしたものか・・・

子供の頃に遊んだ場所に、大人になってから訪れると
記憶とは大きく離れた小さい存在だったりしますね。
昔は見上げた人も、自分が成長すると同じ目線だったりする。
そうした、記憶と時の流れの中で驚いたり、失望したり・・・
当然、己の中に流れる時間の経過がもたらす結果であるが
何か大切な宝ものが失われた気分にも襲われる。

今日、数年ぶりに訪れた土地で
あの頃から変わらず栄えているらしい中華料理屋を訪ねた。
かつては炒め物、
とりわけ炒飯の味が格別な店と舌が記憶している。が・・・

今日食べた炒飯の味は、思いのほか普通だった。
自分の舌が肥えたなぞとは言わない。
料理人が老いたか?、代が代わったか?
こういうのは寂しいかぎり。
食べていかねばならない現実は無視出来ないが・・・

|

« 勝負料理 | トップページ | また降るかい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝負料理 | トップページ | また降るかい? »