« 「機械の目」 「朝日新聞の眼」 | トップページ | いい夫婦の日 »

2012年11月21日 (水)

初冬の陽射し三態

お馴染み、隣町の古刹に紅葉写真と撮りに出掛ける、が・・・
やはり、長く居座った夏の所為か、全山紅葉とはいかなかった。

そこで、優しげな晩秋から初冬への陽射しを探してみた。

一枚目
毎年、沢山の実を付ける柿の木。
だれも実を採らないようだが、これはシブ柿か?
しかし、鳥たちは巧妙に食べごろを察知するようだ。
この実もいずれ食べ尽くされるだろう。

94g12t72img_8030

二枚目
低い天道からの光を浴び、水が嬉しげに舞う。

8c90g14t72img_8041

三枚目
未だ色づく気配がない青葉を通し
お堂に降りかかる午後の陽射しは柔らかい。

94g146t64img_8078

|

« 「機械の目」 「朝日新聞の眼」 | トップページ | いい夫婦の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「機械の目」 「朝日新聞の眼」 | トップページ | いい夫婦の日 »