« まだ暑いのにぃ・・・ | トップページ | エゴの衝突 »

2012年9月14日 (金)

そこに在るだけで・・・

昨年の大震災
陸前高田市で奇跡的に残った一本松
このほど伐採され、いずれ剥製のようになって蘇るとか・・・
伐採には賛否両論があったようだ。

結果として、昨日伐採された。
地元で、たった1本残って生き延びた松に心を寄せる人々の数は
決して少なくなかったようです。

立ち枯れの状態にある老松を、そのままにしておくに忍びない
そんな気持ちもありましょう。
いずれ、朽ちて倒れる運命にある松周辺の安全確保もあろう。

しかし。
1億5千万円の巨額を掛けて、その姿を蘇らせる意味は!?
発想は役所の人間だろうか?
全国に蔓延る箱モノ行政の成れの果てであれば
なんと哀しいことか・・・

現地では、復興はまだ途次にあるという。
放射能汚染の解決も先が見えない。

例えばDNAで新たな命に再生させる道はなかったか?
ただし、門外漢が何をいっても虚しい。

切り取られる一本松に涙し
「また戻って来るのを待っている」とか
「そこにあるだけで支えになる」など
地元の人々の声を聞くと
一層、門外漢の無責任な発言を恥じる。

|

« まだ暑いのにぃ・・・ | トップページ | エゴの衝突 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ暑いのにぃ・・・ | トップページ | エゴの衝突 »