« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

いい加減にしてくれ!!

日本選手が史上最多のメダルを獲得して沸いた倫敦五輪。
過日、全てのメダリストが東京・銀座を凱旋パレードした。
押し寄せた人の数、およそ50万人を越えたそうな。
その人の多さは、メダル獲得数が最多ゆえではなかろう。

しかめつらしい社会論を展開する気はないが
日本選手が五輪でメダルを獲得したのが嬉しい。
メインポールに日の丸が揚がったことが嬉しい。
応戦していた選手がメダルを獲れて、我が子とのように嬉しい。
それが一般的な想いだろう。

どこぞの国家主義にまみれた民意ではあるまいし
即、国家間の問題に言及する愚行に唾棄したい気分だ。

閑話休題
凱旋パレードには、なぜメダリストしか参加出来なかったか?
全ての選手が全力を尽くして戦ったのだから、それらの選手も
パレードに参加させるべき。

という投稿が新聞に載っていた。

バカ言っちゃいけねぇよ!
全力を尽くしたからといって、メダリストとの差は埋めがたい。
誰が偉いとか、誰が劣るとか、そんな話しではない。
幼稚園や小学校の運動会で、徒競走には順位を決めない。
そんな軟弱な問題ではない筈だ。

メダリストは華やかに、晴れがましく凱旋パレードの参加できるが
メダルを逸した選手の心情や如何に?
精一杯頑張りましたで、50万人ひいては国民に胸を張れるか?
何よりも当の本人が納得出来なかろう。

負けた悔しさやら辛酸を一身に背負った敗者たち。
そうした彼らをハレの舞台に引きづり出して、何の益がある?
いま少し、そっとしておいてあげようではないか?

参加者は全て素晴らしいなぞと、横一線の考え方から
次代のメダリストは生まれない。
真に強い競技者ならば、次の機会には必ず雪辱をきそう。


一方、倫敦五輪と同じ施設を使って身体障害者の世界大会
パラリンピックが始まった。
ここでも、障碍者の大会を健常者の大会に先立って開催すべき。
なぞといった偽善的な意見が新聞に投稿されていた。
それによって、身障者のスポーツ大会が脚光を浴びると論ずる。

バカは休み休み言え!!
オリンピックと、パラリンピックの開催団体は全く別組織だ。
いうならば障碍者団体が主催する世界的なスポーツ大会は
五輪開催施設に間借りして成立している。

よしんば、先に開催したところで障碍者のスポーツ大会
健常者の五輪より、全世界の脚光を浴びる日はないだろう。
なぜなら、大会の公式スポンサーの存在があるのだ。

ロサンゼルス五輪に時だったろうか?
五輪の競技開催時間は、米国テレビのゴールデンタイムだ。
特に、米国選手の活躍が見込まれる決勝では何をかいわんや。

五輪は否応無く注目を浴びさせられるよう仕組まれているのだ。
障碍者を大切に考えているような、偽善的な人道主義は醜い。

| | コメント (0)

2012年8月28日 (火)

逝く夏を惜しんで

花火の乱れ撃ち

12t64img_6364

10t64img_6430
 線香花火のように・・・




12t64img_6441

10t64img_6496

13t64img_6374
 これは江戸の和火に近いか・・・






10t64img_6422

12t64img_6361
 夏が逝く・・・





| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

地上駅と周辺

8月19日から3駅で地上駅が開業した京王電鉄。
その内の調布駅と周辺を見て来ました。
3駅とも駅舎の工事は継続中で、地下に通じる通路など
まだ完成を見るには至っていません。

90g15t72img_6715

元々、プラットホームの端から電車のすれ違いが見られるのは
珍しい光景でしたが、地下に移っても変わらない光景です。

90g15t7257img_6724

調布駅は地下1階が改札階、地下2階と3階がホーム階で構成。
地下2階の下りホーム階は薄い赤でテーマ付け
地下3階の上りホーム階は薄い青でテーマ付け
混乱を避ける工夫が施されている。

90g15t7220img_6763

エレベーターの階数表示が斬新で遠くからも確認できる。

90g20p15t72img_6741

踏切だった場所は当然素通りで渋滞が無くなった。

90g15t72img_6770

つい一週間前まで使われていたプラットホーム。
ところによって継続工事の資材置場に変わっていた。

R90gi15t64mg_6746

早くも架空線が外された区間もある。

90g15t72img_6743

それにしても・・・
地上と地下とで同じ軌道を描く線路工事。
地下の深い区間は、通常の地下工事でよいだろうが
地上の軌道と地下の軌道が接する部分の工事はとうしたのか?

地上区間が接点を迂回して営業運転を行ったわけではなく
線路を切り替える工事の時だけ、運転を休止しただけだ。
それを考え出したら、あの地下鉄漫才のように成りそうで止めた。

| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

陰を伝いて

酷暑
残暑というには厳し過ぎる暑さだ
真夏日が途絶えない
積乱雲が浮かぶ青空は真夏の風景

90g15t64img_6665

唯一の救いは太陽の軌道が傾いて
真夏より日陰が出来易くなっていることだ
日陰では風が吹けば爽やかに感じる
ビル街でも住宅地でも日陰を伝って歩くことになる

お馴染みの太平洋高気圧が日本列島を覆い
大陸のチベット高気圧がその上空に張り出している
まるで真夏に電気毛布を2枚掛けているようなものだ
この残暑は十日余り続くようだ

ウンザリしてしまうが
一方で台風の襲来で緊張している地方もある
あまり欲をかいてもなるまい

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

さあ 渡ろう!!

踏み切り渋滞を解消するため、一部地下化された京王線。

特に調布駅は、新宿始発の電車が2方向に分岐する拠点でもある。
ゆえに、電車の通過本数が増えるのは否めない。
この調布駅の西側に位置する信号は、そうした2路線の
電車の往来をモロに受けなければならない。
そこで遮断機が揚がったと見るや、車両も歩行者もわれ先に渡る。

10c15t72img_6597

そんな光景も、今では見られない。

| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

こらっ!NHK!!

閉幕した倫敦五輪で、NHKが現地に送り込んだキャスター。
女性のYだが・・・
日曜日の夜、NHKの男性アナウンサーと番組を持っている。
以前から、こんな個性のアナウンサーがNHKに居るのかい?
と、疑問を感じていたが、フリーのアナウンサーとか。

NHKに所属するアナウンサーとか、フリーのアナウンサーとか
差別するつもりはないが、やはり異質だ。

よくいえばサービス精神が旺盛というか・・・
目立ちたがり屋なのか・・・
そこに居るだけでケバケバしい。

昨今のアナウンサーなんぞ、その真骨頂であるはずの
言葉が疎かだ。
日常生活のことば遣いを、仕事場に持ち込んで
それが最先端の言葉遣いであるかのような振る舞いだ。

まして、映像が本筋のテレビ放送に於いて
そこに居ることに局としての違和感を抱く存在は許されるか?
彼女のアナウンス技量が抜きん出ているとは思えない。

百歩も千歩も譲ったところで、今のNHKに、
このY女に見劣るする女性アナウンサーが居るとは思えない。
まして、アナウンス技量においては何をかいわんやである。

この局の不思議な仕儀については、これまでも発言してきた。
いわく、夜のニュース番組のキャスターを、何かと海外派遣する
その不可思議についてだ。

海外で予定される出来事、あるいは突然の大事件。
そういった場合、かの番組のキャスターがすっ飛んで行くのだが
何の意味があるのか理解に苦しむ。
おっとり刀で出掛ける新参者より、地道に取材を積み重ねた
現地特派員の言葉の重みを無視した配置を見るとき、
特派員は日ごろ遊んで暮らしているのか?
キャスターは物見遊山の短期出張か?
なぞと勘繰りたくなる。

まして倫敦五輪の、あの場で、あの人員配置か?!
いま、NHKは国営放送の矜持をかなぐり捨て
台場の放送局の轍を踏もうとしている。

日々、惰性で出しているパンチが
知らぬ間に受けているボディーブローに打ち負かされる日。
その日は必ずやって来る。
今のうちにガードを固めることだ。

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

失われる風景

毎日の通勤で使う私鉄では、本日から一部区間(3駅間)で
電車が地下を通る地下化が実現する。
この区間は踏み切りが多く、その渋滞解消が目的。

15t72img_6645

 地下化で、こうした光景は見られなくなる。

 (国領駅脇の踏み切り)


15t72img_6595  周辺道路を立体化や地下化するか
 鉄道が道路を回避するかは
 難しい問題だったと思われる。
 鉄道の地下化では、線路跡地の利用や
周辺の再開発が見込まれる。

東京随一のターミナル駅である新宿から、西に営業区間を持つ
京王電鉄の調布駅。
この駅を分岐点として2本の路線が延びるが
こうした路線が行きかう光景も見ることが叶わなくなる。

15t72img_6559   (右が京王線下り、左は相模原線下り。)

15t72img_6564  地下駅になると外光は拝めなくなる。



失われる風景を求めて、俄か鉄道ファンが
各所でカメラを向けていた。

15t72img_6625_2  
 国領駅の島型ホームを
 下り電車の車内から撮影。

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

花火さまざま

前回、花火の速報をお届けしてから
随分日にちが開いてしまった。
その間に倫敦五輪があったことを、その言い訳にします。

出掛けたのは江戸川河川敷。
都内最多の観客を集めるといって過言ではない
江戸川区花火大会が突然始まった。

12t72img_6359  協賛者や招待客の席には
 懇切な案内のアナウンスがあろうが
 私たち一般客の席には、主観覧席からの
 歓声やどよめき、音楽の断片しか届かない。
 そうした雰囲気から察する開始の時。

突然の閃光と、続いて轟く轟音こそ花火大会の醍醐味だ。

12t64img_6361  オープニングの瞬間は、光のカタマリだったが
 落ち着いたところで一枚。
 この花火は今や定番ですネ。





11ti64mg_6421  昨今の花火は、音楽との競演が主流とか。
 彩りも様々、鮮やかです。





12t64img_6367  これ華やかで可愛らしい彩り。
 なかなか撮れない一瞬ですゾ。





13t72img_6551  終演は華やかに大輪が咲きました。




しかし、帰路が大変でねぇ・・・
交通混雑の波に飲み込まれました。

| | コメント (0)

2012年8月11日 (土)

良いか! 同じか?

五輪中継の最中、テレビの広告映像に接した。
今回の五輪で、男子体操競技の個人総合優勝を成した
航平クンが出演しているものだ。

いわく、前回の五輪で個人総合の銀メダルを獲得した息子に
その母が言った言葉として、銀は金より良いと書く
と、言ったとか。
この手の文字をもじった言い伝えは古今あります。
その真偽はさておき・・・

女子蹴球の銀メダル獲得は正に
この金より良いを実践した証しと言えましょう。
男女蹴球の五輪史上で、最高の銀メダルを獲得した偉業は
岐路をビジネスクラスの航空機で帰国させるなぞフンッ!!だ。

そして、もう一つ。
女子の排球競技で得た銅メダルは、金と同じ銅メダルだ。
このチームは、準決勝を勝ってひと皮向けましたね。
俗にいう 化けた でしょう。
28年ぶりのメダル獲得を踏み台に、もっと羽ばたけ!!

蹴球と排球の女子たち、おめでとう!
そして、ありがとう!!

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

必死に探した

ナデシコと点採り虫。
・・・クルシイッ!!

88g5c15t72img_0747  サッカー日本女子が悲願のメダル獲得。
 米国との決勝を弾ける笑顔で終わって。

 

五輪史上初めて男女で準決勝に進んだ男子と共に
アベック金メダルを目指して欲しいものです。

| | コメント (0)

2012年8月 5日 (日)

真夏の夜の華

何年ぶりかで花火大会を観に行く。
会場と我が家とは、ほぼ東京23区を横断する距離。
行きは中間地点からなので、その気を出して出かけた。

公称、昨年の人出は90万人。
これまで近所の河川敷で開催される花火大会が
主な観賞場所だったので、その人出が思い浮かべない。

10b15t64img_6357
 会場の一部を切り取っても
 このありさま。
 まだ開始1時間以上も前のこと。

花火の撮影は難しい。
まず、何処に揚がるのか予測が立たないので
カメラを向ける方向や高さで迷う。

揚がってから慌ててカメラを向けても、時遅し。
デジタルカメラはシャッターボタンを押してから
実際に撮影されるまでの時間差があり撮り遅れる。

細かくいえば
露出やシャッター速度を事前に把握出来ない。
銀塩カメラの時代には、幾多の失敗を重ねて
適正な撮影データーを得たのだろう。

今、私が使っているコンパクト・デジタルカメラには
花火モードがあり、自動的に適正な露出が得られる。

12t72img_6408  今回は三脚を遠路運び
 レリーズを使用しての撮影。
 シャッターチャンスに余裕がある分
 花火を肉眼で愉しむことができた。

先ずは速報ということで、様々な花火の彩りは
別途ご紹介いたします

| | コメント (1)

日本柔道は鎖国せよ

倫敦五輪での柔道、特に男子は惨敗。
柔道創始国の誇りは地にまみれた。

世界競技として根付いた柔道は、
その普及過程で様々な妥協を強いられて来た
といって過言ではなかろう。
競技で負け、政治でも負けたのが実情だと思う。
採点方法や、柔道着のカラー化の流れに無力だった。

実戦では組み手をしっかり取って技をかける
を百年一日の如くに唱えている。
しかし現実は、有利な組み手を取らせてもらえず
取っても技を出せない有様。
一本を取る柔道なぞ絵に描いた餅でしかない。

一方、海外の選手は組み手に拘ることなく
相手を捕まえた瞬間に攻勢に出る。
そんな技は柔道に有りか? といった技もアリだ。

今の日本柔道に、一本勝ちを狙う柔道の前途は険しい。

また、世界ランキング制の導入も日本選手を苦境に
立たせているという。
この倫敦五輪の戦跡は、こうしたランキングに即した
結果だという。

まさに二百年の鎖国を経て、海外列強の脅威に晒された
徳川幕府末期の我が国に似ている。
世界で日本柔道界の名誉と実績が瓦解する危機だ。

ならば、ここで鎖国策を敷き日本柔道を純粋培養し
日本柔道を維持するしかなかろう。
日本選手は国際大会参加せず、
海外からの柔道留学や競技会への参加を拒む。

日本人競技者が、日本人審判のもとで技を競う。
実戦柔道と共に、形の美しさを競うのも重要なことだ。
いかに一本を奪おうと、無様な技の掛け方は認めない。
あくまでも形に拘る勝負だ。
そうすれば、いずれは能狂言のような伝統芸能として
昇華する時が訪れよう。
日本柔道界から人間国宝を出すのだ。
そのとき、日本柔道は世界から畏敬の念で見られるだろう。

| | コメント (1)

2012年8月 2日 (木)

五輪における一つの課題

倫敦五輪開催から一週間。
競技は白熱を帯びた戦いの連続で、観る者の心を揺さぶります。

そんな中で、ふと気付いたことがある。
ドーピングがそれ。
今回の倫敦五輪で、ドーピングが発覚した報道に接していないが
実際には厳格な検査が行われているようだ。

もう一つ、セックスチェックはどうなっている?
女性選手に男性であると疑惑を向けるのは、
人権問題視する意見もあり、実施が難しいようでもある。

しかし、本人が意識しているか否かにかかわらず、
男性でありながら女性と競技した選手の人権は護られ、
女性としての属性を犯された女性選手の人権はどうなる?

見てくれで判断するのは危険で失礼極まりない。
しかし、正直なところこれは男でしょうという選手を見た。

そうした選手とはいえ、隠れ男子だと疑惑の目を向けるのは
ためらわれる。
それでもフェアな競技を心がける競技者であるならば
正々堂々と検査を受けるべきだし、
組織委員会も検査を推進する責務があろう。

それはそれとして、
今回の倫敦五輪で、初めて金メダルを奪取した日本選手の
女子柔道・松本薫選手がヒトか野獣かの検査は止めておくれ!
優勝した瞬間の涙と笑顔は、ヤマトナデシコそのものでした。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »