« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

アルバムを新設しました

このページの右側にあるサイドバーに、
新しく写真を公開するアルバムを開設しました。

私の写真は圧倒的に花を被写体にしたものが多いので
それらの写真を公開できる専用のアルバムです。
まさに 花とおじさん ・・これが分かる方は少ないだろうなぁ。

ともかく、時には覗いてみてください。

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

あたしだってぇ・・・?????

男装する女子が増えているそうな。
もちろん全国的な流れではなく、東京の一部を始めとする
最近の流れだとか・・・

いうを待たないが、女を捨てたようなオバンが男物だかなんだか
解らないような衣服を着るのとは違うチガウ!
芳紀○○歳といわれうような、女子高校生の年代を中心に
急速に拡がりつつあるハヤリだとか・・・
ファッションの世界では、既に市民権を得つつあるらしい。

普及の原因を探ると
理想の男子像を体現している、という論があるそうな。
確かに、昨今の草食男子は頼りなさげだよなぁ・・・
自分が扮するような男子が目の前に現れれば、
一気に恋するんだそうな。

いにしえから、漫画の世界では中性から男子寄りの主人公が
持てはやされた歴史はある。
あの宝塚は男装の花園ですからね。
そんな訳で、男装する同性にあこがれる背景はあった。
それが、昨今の何でもありの風潮が追い風になっているか?

しかし、これを野郎がやってみぃ!!
間違いなく変態扱いですよ。
渋谷や原宿の表通りで男装用の衣服や小物を購う女子はでなく
繁華街の路地裏のアダルトショップで女モノを漁る男とは
比較する価値もないような違いがあります。

しかし、日本の村落の祭りなどでは男が女装するのは定番。
その違いはハレの日に装うか、ケの日に隠微に装うかの差だ。
これ似て非なるもの。
とはいえ、神事を司る存在が中性的だった例もあり
男の女装が蔑まれる範囲は狭められてしかるべきかと・・・
とはいえ、やはり気持ちよい女装であれ!!

90gr15t64img_5742
 本日の一枚は
 新宿御苑のバラ園からもって参りました。
 あの美和明宏師が若かりしころ
 かの人々は、そう呼ばれていました。

 バラの名はブルー ボーイ


| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

木洩れ日

春バラを目指して行った新宿御苑。
目を凝らせば、アチコチに季節の風景を捉えられる。

新緑と初夏の陽射しを縫って、薫風が吹きぬける爽やかな午後。

14s80g15t72img_5642

つい先日、花を愉しんだばかりと思ったのに
桜が、もう実を結んでいた。

14s80g15t72img_5662

| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

愛のキャッチボール

ナンというベタなタイトルぢゃ!

日曜日の午後
東京新宿の新宿御苑には様々な人々が憩う。

徳川幕府の下では、信濃高遠藩・内藤家の下屋敷があった場所。
徳川将軍家が瓦解した明治維新後は宮内省 (現・宮内庁) が管理
つまり皇室が使われた庭園です。
太平洋戦争 (第2次世界大戦) 後は民間に下げられ、
今や東京都が管理して、都内有数の緑と親しめる公園です。

そんな公園で見つけたのが、このカップル。
わざわざグローブを持ち込んでのキャッチボールですから
彼女の投球フォームは様になっていました。

はてさて、彼女が投げる球は確実に彼氏に届いていましたが
彼氏の返球は時として逸れる。
現実のキャッチボールはさておき、愛のキャッチボールは
どんな顛末になるやら・・・

78g15t72img_5820  因みに、この後、彼氏の投球が逸れ
 彼女がそれを受け損ねたので
 ボールは後ろの茂みに紛れ込み
 いっとき行方不明になりました。

しかし、オッサンたら何を熱心に見ているのやら・・・

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

無手kattu流・画像修正

デジタルカメラで撮影して画像をWEBで公開する場合
出来る限りオリジナルを使用したいが、
つまらぬコダワリからいじりたくなります。

その一番はトリミングです。
デジタルカメラの画像は縦横の比率は 1:1.3333 です。
ハイビジョン撮影が可能なムービーカメラは 9:16 です。
私は、このどちらにも落ち着かない感覚を抱きます。
ではどうするか、といえば・・・
フィルムを使った銀塩カメラの縦横比率である 1:1.5 に
縦横の比率を調整します。

64img_5455_2
 例えば左の画像は
 デジタルカメラで撮ったそのまま
 1:1.3333 の縦横比率です





15t64img_5455
 オリジナル画像に対して
 1:1.5 の縦横比率にトリミングしたのが
 左の画像です。
 この場合、上下はそのまま残し
 左右だけ切り落としています。

 どちらでも良さそうなものですが
 手前味噌ながら画面にしまりが出ました。

次に、この撮影日は快晴 (俗にいうドピーカン) でした。
そのために画面全体が明るく、浮ついた画調です。
これを修正するのに考えられるのが
明るさとコントラストの調整です。

15c15t64img_5455  
 比較しやすいように
 いつもは使わない領域まで暗くして
 コントラストも強めにしました。





70g15t64img_5455

 明るさとコントラストの調整と別に
 γ補正の機能も好んで使います。
 実は、このγ補正は何度読んでも理解不能。

 γ補正で出来上がった画像を、
 明るさとコントラストで調整した画像と比べて
 好みで選択しているのが実情です。

 ご覧の通り

見た目での差はコダワリの範疇を越えていません。
このγ補正の説明にあるように、あまたのPCディスプレイでは
色の出方が違います。

紙焼きの写真には、絶対的な一枚があります。
映画には、ほぼ普遍的な映写条件が期待できます。
しかし、PCディスプレイでは、100台あれば100通りの画像が
存在しているといっても過言ではありません。
それでも偏屈なコダワリを捨てられないのが人情ですかねぇ・・・

| | コメント (2)

2012年5月19日 (土)

さて、どうしたものか・・・

週明けの21日、皆既日食のことである。
何とか金環食の一瞬をカメラで捉えたい。

街を歩けば、目で直接日食を見るためのメガネが売られている。
いくら日食といえども肉眼で見るのは危険だ。

では、カメラに納めるにはどうするか?
過剰な光量で露出オーバーになるのを防ぐには、
それに対応したフィルターをレンズ前に置くのだと・・・
しかし、このフィルター。
色々あろうが1個6千円ほどするのです。
何十年に一度見られるかどうかの天体ショーですから
この位の投資は安いかも・・・

でもなぁ・・・
その朝、ピーカンに成る保障は無いからなぁ・・・

まず、勤務時間に懸かるし・・・
勤務時間に屋上で三脚立てて、カメラの前にフィルター置いて?
コレ、幾らなんでもマズかろう?

こんなコトに有給休暇とる御仁も居るんだろうなぁ・・・
コレ、讃えられることか?

それにしても
子供の頃の記憶で、皆既日食だったかどうか定かではないが
国民がこぞって日食を見た思い出があるぞ!
あの時、今のように専用のメガネが無いと目の健康を害する。
なんて話題はなかったなぁ・・・

みんな、ガラスの破片にロウソクなどで煤をつけて
そんな粗悪なフィルターで日食を見たなぁ・・・
そんな人々、全員失明したとは聞いた覚えがない。

あの東日本大震災以降、津波の到達高さが跳ね上がったように
この日食専用メガネも、不要な想定を設定した結末ではなかろうな・

というコトで、日食を肉眼やカメラで捉えるのは諦め、かなぁ・・・

| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

どっちが古い?

東京・両国を歩く。

私が好きな時代小説の背景である徳川幕藩体制化では
全国から集められた年貢米を収納するのが御蔵(米蔵)とか。
当時の江戸では、物流の主力は縦横に掘削された堀 (川) らしい。
その堀に面して九棟並んだのが御蔵とか・・・

80gr13t64img_5420  この古本屋さん、まさか御蔵と並んでの
 創業ではあるまい。

 しかし、その佇まいは商売品の古本をも凌駕する?
 と想わせる歴史的建造物です。

 いやはや、恐れ入りました。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

快適 ネットライフ!

ナンだか昭和30年代から40年に見られた
白もの家電の宣伝文句のような表題ですな。

実は、昨日からインターネットの接続環境が変わりました。
これまでマンションタイプの回線から、戸建タイプへの変更です。

これに伴い、ネットの上り下りとも格段の速度向上になる、とか。
私は、動画や音楽のダウンロードはしませんし
ネット対戦型のゲームにも手出ししません。

確かに、ここのところWEBで公開されているサイトを訪問すると
その重さを実感させられます。
瞬きする間ほどの瞬間が縮められたことに意義はあるか?
何より、速さを実感できる違いが出るのか?

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

携帯電話会社のボッタクリ商売

この問題については何度でも繰り返し言おう。

世の携帯事情は、いまやスマートフォンが席巻している。
その様は、スマートフォンならずば情報末端にあらず
の様相を呈していますな。

人それぞれ、何に価値を見出し、何を選択するかは
各自の自由選択にゆだねられ、それが正当な選択肢だ。

しかし、この1年以上も前から、携帯電話の販売店頭では
新しい携帯電話は発売されていない。
その販売店の大半は、スマートフォンが占領し
携帯電話タイプの末端は旧型の機種で占められている。
それはそれで良いのだが・・・

問題は、選択肢をスマートフォンだけに絞っておきながら
使用料金が高値に固定化 している事実だ。

携帯電話の契約では、
WEBに接続しない顧客に対する割安な料金体系
が設定されていた。

しかし、スマートフォンの料金体系では
WEBに繋ごうが繋ぐまいが、繋いだと同じ料金
が加算される。

これをボッタクリ商法といわずして、ナンと称するか?

店頭の販売員にただしても、この料金体系には疑惑を抱いている。








| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

そして誰も居なくなった・・・

何度か申し上げたことですが、私は人物を撮影するのが苦手です。
本人の了解を得ない撮影は、風景の一部としてさえ忌避します。

この拘りは人が居ない場所なら可能ですが、
観光地や、人通りが多い場所では不可能な望みです。
それでも、その風景を撮りたいとか、その場所を撮りたいと思えば
・・・ただひたすら、待つ。待つ。待つ。

そうした辛抱の結果に撮れたのが、この1枚。
傍から見れば詰まらない写真でしょうネェ。

88g15t72img_5570  この写真、撮影場所は東京・銀座4丁目交差点。
 いうなれば銀座のド真ん中。
 それも日曜日の午後。

通行人や、交差点での信号待ちの人。
或いは待ち合わせには絶好の場所で、佇む人も少なくない。
そのため、このショーウィンドーの前で人が居なくなる瞬間は
ゴクゴク稀なことです。

どれ程の人が居るかは、ショーウィンドーに映る人影で判断ください。
まぁ、詰らぬ拘りです。






| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

端午の節句にモノ申す

二日続けてバカな話題でございます。

この時期、街に流れる (最近はあまり耳にしませんが) 童謡に
背くらべ があります。

昔、といっても昭和の御世では
親が子の背丈を、柱に傷をつけて記録する慣わしが一般的でした。
この背くらべを兄と弟で成した様子を唄った童謡が背くらべです。

この歌詞(作詞:河野厚)を見ると、一昨年の背の傷と、今年のそれとは
羽織の紐の丈ほど違う、と唄っています。

本来、羽織の紐の位置は、鳩尾の少し下方でしょうか?
それならば、僅か2年間で頭二つ以上も身長が伸びたことになります。

この童謡は、1919年 (大正8年) に発表された曲とか・・・
あの当時の食料事情からして、2年間で伸びる身長は
およそ想像がつこうというものです。

思わず 責任者出て来いっ!! と叫びたくなりますが
の一説を読むと、振り上げた拳のやり場に困ります。

5月5日
大人しく過ごそう・・・




| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

ガクッ!!

手の指を切った!

 
私、これでも家庭の事情で月に20日以上は家族の賄いをしています。

昨日、プルトップの缶詰を開けようとして、蓋で指を切ったのです。
後片付けで鍋や食器を洗うとき、かなりグッツサリ切った指を
そのまま水に晒すのがためらわれました。
そこで家人が使っているゴム手袋を洗い物に使うことに・・・

そのゴム手袋 (手術用ほどではありませんが、かなり薄手) を手にはめて
ベン・ケーシー!! と一言。
これ、ある年齢以上の方々には定番の掛け声ですよね。

まぁ、我が子には通じないまでも、家人は知っていると思ったところ
ナニそれ? とツレナイ反応。

昭和は遠く成りにけり、かぁ・・・

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

開業間近

話題の東京スカイツリーが今月22日に開業します。
これまで何度も訪れましたが、工事区画を広くとっているため
近くまでは行けませんでした。
開業間近ともなれば、敷地内への立ち入りこそ不可ですが
完成して周辺道路までは近づくことが出来るようになりました。

つい、世界一の高さを誇る電波等ですから、上ばかりを見ますが
足元の整備が着実に進んでいます。

15t72img_5430  これは東京スカイツリーの足元を流れる
 北十間川です。この工事が始まった頃は
 ヘドロが川面を 覆うような有様でしたが
 川水が浄化され随分と綺麗になりました。

この北十間川をはじめ、徳川幕藩体制化の江戸では
幕府が江戸中に縦横に走る水路を掘削・整備して、
物流に大きく貢献させた。
と、時代小説を読めば幾度となく説明されます。
その水路が発展した江戸は、ベネツィアを凌ぐ水の都だったとか。

それはさておき、開業に伴う騒動は何時まで続くやら・・・



| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

670

この数字、いま話題の東京スカイツリーの高さではありません。

この数字は、国土交通省が設定した国家認定の数値です。
それによれば、高速道路を走行するバスツアーを含む、
貸切バスの運転手が2日間を一人で運転する距離の距離とか!!
ということは、2日間で最長1,340kmを運転してもお咎めなし!?

そんな、国家のお墨付きを貰えば、おおよそのバス運行業者は
その数値を錦の御旗にして危ない運行計画を立てるのは
想像に容易い。

大型連休の初日に、関越自動車道で起きたツアーバスの事故は
こうしたズサンな国の管理体制がもたらした国家的規模の人災だ。
この場合、トカゲの尻尾切りのごとく
バス会社や運転手を処分して済む問題ではない。

野党第一党の自民党の諸氏、
国の行政の不備や、担当大臣の問責決議案を提出するなら
こうした問題にも敏感に反応して貰いたいものです。

もっとも、この基準を決めたのが自民党政権下だとすれば
声高に叫ぶのは差し障りがありましょうかな・・・

| | コメント (0)

桜デビュー

東京スカイツリーが完成した姿を見せ
満開の桜を従え、下界を睥睨しています。

15t72img_5446_2
 桜は何と組み合わせても
 絵になりますねぇ・・・


一方、こちらは花見には関心なく
宴会のおこぼれを期待する様子の海鳥。
チョイト観客に媚びて餌をねだる?

15t72img_5469

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »