« 極端だなぁ… | トップページ | ボチボチ復帰 »

2012年1月22日 (日)

谷垣禎一 様

貴方には、お目見え叶わぬ一国民の戯言でございます。

我が国が未曾有の国難に見舞われてから十か月。
未だ、復興に向けた道筋が見えません。
なぜ貴方は、その率いる政党の先頭に立って
復興に向けた主導権をとろうととはしないのですか?

かつて阪神淡路大震災の折り、貴方が率いる政党は
迅速な復興対策を施したのではなかったですか?
ならば今、その経験を活かし、政権党への助力でもって
広く国民の為に力を発揮しようとは考えないのですか?

我が国が未曾有の財政危機に陥ってから何年経ちますか?
数年前、貴方は自由民主党の総裁選挙に臨み
消費税の増税が不可欠と訴えて敗北しました。
その貴方が、いま、民主党が目指す消費税増税に反対とは
如何なる存念でありましょうか?

非常に困ったことは
今の国会議員には、国家百年の大計を論じる
傑物がいないことに尽きます。
何事か問題が発生するやいなや、政局と結びつけ
その中で動き回ることが政治家の本分と勘違いしている輩。
国会審議を止めることが政治だと勘違いしている輩。

そうした連中の一方の頭である谷垣総裁。
政治は、何を目標にしているのか?
政治を標榜するなら何を成さねばならないか?

いま、この国を覆っている諸問題は、全て貴方の属する政党が
半世紀以上に渡って施した施策の綻びにほかなりません。
政治家として恥を知るなら、謙虚に問題の在処を洗い出し
対応策を提言してこそ、その本分となるのではありませんか?
このまま、何でも反対の万年野党に甘んじるつもりでいらっしゃる?

いくら言っても、やっぱり無理なのかなぁ・・・

|

« 極端だなぁ… | トップページ | ボチボチ復帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極端だなぁ… | トップページ | ボチボチ復帰 »