« 東京駅 丸の内駅舎復元 | トップページ | 街のミュージシャン♪ »

2011年10月24日 (月)

いく秋を惜しむ

生きものにとって、秋は生死の分かれ目でもあります。
この虫にとって、熟した柿が生命の源になるとも思えず。
その縋る姿が自然の厳しさを物語る。

ナンていうのは、人間の驕りです。
単に休んでいるだけ・・・

86g15t64img_3540

|

« 東京駅 丸の内駅舎復元 | トップページ | 街のミュージシャン♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京駅 丸の内駅舎復元 | トップページ | 街のミュージシャン♪ »