« 撮影のクセ | トップページ | カール・ツァイス社製の投影機 »

2011年9月 5日 (月)

ノイズにしか見えない?

写真を撮るとき、映像以上に大切なのがシャッターチャンス。
スクープ写真といわず、スポーツの一場面といわず、
家族やペットの一瞬などは永く記念に残したいものです。

ノンビリした風景写真にも決定的な瞬間はあります。
大袈裟に申せば、今ここに居られた幸運に感謝します。

東京スカイツリーを、その西側から撮った夕景は詰らない。
東側から撮れば、夕焼けにシルエットで浮かび上がるツリー。
そんな写真を期待できますが、西側からだと、ただ暗いだけ。

R15t64img_3113  せめて水面に映るスカイツリーの影を
 水上バスが横切る瞬間を待ちました。

 そのとき、ツリーの左側を横切るカモメ。
 その瞬間にシャッターを押しましたが・・・

 後で見ると、単なる画面ノイズか? と。

そこで、画面の一部をトリミングしてみると
やはり典型的なカモメのシルエットが確認できました。
自分だけ悦にいっている一枚でした(反省)
R15t72img_3113

|

« 撮影のクセ | トップページ | カール・ツァイス社製の投影機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影のクセ | トップページ | カール・ツァイス社製の投影機 »