« ゴールポストに神が宿る | トップページ | 地上テレビのデジタル放送完全移行 »

2011年7月22日 (金)

魔の刻

もう、ごく当たり前になった夕飯の賄い。
慣れなのか・・・
野菜をスライスする道具で指先をスライスしそうになる。
嫌な雰囲気の中、炊事を進めていて遂にやってしまった。

野菜を刻む途中で、指先を切りました。
日頃から危ない指添えをするので、我ながら危ぶんでいた
その矢先とでも申しましょうか・・

爪を貫通して指を切ってしまいました。
まぁ、こんなものでしょうね。
事故なんて偶然では起きないものです。
いくつかの悪しき事例が重なって、あたかも必然のように
起きるものです。

左の人差し指
案外、重要な働きをしてくれているのですよね。
とりあえず、キーボードを打ち難い!!

|

« ゴールポストに神が宿る | トップページ | 地上テレビのデジタル放送完全移行 »

コメント

御愁傷様です。

お料理には危険がいっぱい
野菜をスライスする道具、おろし金、をはじめとして、
熱い鍋やフライパンに触って火傷、
その中でも包丁は最も危険な道具です。

私など、何度血を流した事かsweat01

しかし、爪を貫通するとはコレマタ…
聞いただけで背筋が寒くなってしまいました。
さぞかし痛かった事でしょうweep

どうぞお大事にshine

投稿: はなまるちゃん | 2011年7月24日 (日) 18時56分

ご愁傷様って・・・
ワタシ生きていますから! はなまるちゃん♪

自分で使っていて、少しでも切れ味が落ちると
砥ぐものですから、切れ味はかなりなのものです。
怪我の実態は、指先を「ささがき牛蒡」の要領で削ったのです。
左人差し指の親指側を少々削っただけですので大怪我ではありません。
切れる刃物で切った傷は痛みを伴わないものですね。
傷口は既に乾いて、水仕事にも不自由はなくなりました。
でもキャベツを刻むときなど、やや気分が揺れます。

包丁と同時に砥いだペティナイフで、「切れこ」のからし明太子を切った息子が
「たらこを綺麗に切れる刃物にはじめて出会った」などと関心していました。

どうせ怪我するなら、切れる刃物をオススメします。

投稿: kattu | 2011年7月26日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールポストに神が宿る | トップページ | 地上テレビのデジタル放送完全移行 »