« 雷鳴 | トップページ | 昔々のはなし »

2011年7月11日 (月)

梅雨明け、夏空。

東京に空が無い
と、仰ったのは智恵子さんでしたっけ?

都会の空は、晴れていてもドンヨリ鉛色。
本来の色とはかけ離れた空が拡がっています。
彼女に限らず、都会で空を見出せない人は少なくないでしょう。

私のような田舎者でも、
長年都会に住み暮らせば、そうした精気の無い空でも
無関心になってしまいがちです。
それでも、時に見上げる空に季節の気配を感じると
一瞬、都会の喧騒を忘れてしまいそうです。

ビルの谷間に夏雲を見つけると
自然の猛暑と、人工的な熱源による熱波でさえ
忘れさせてはくれまいか??

90g15t72img_2810

|

« 雷鳴 | トップページ | 昔々のはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雷鳴 | トップページ | 昔々のはなし »