« One for All, All for One. | トップページ | 魔の刻 »

2011年7月18日 (月)

ゴールポストに神が宿る

サッカー女子日本代表の皆さん
ワールドカップの初優勝を心から祝福します。

試合展開を観る限り、概ね米国有利で展開していますが
絶好の得点機会を生かせなかったのも米国でした。
その不遇が尾を曳いたPK戦だったのではないでしょうか?
それがサッカーですか?

いくら優勢に試合を征しても、たった一点に泣くのが勝敗です。
試合に勝って、勝負に負けた。
決勝の米国には、そんな印象を持ちました。
やはり世界で一番の実力を持つのは米国でしょう。
そこら辺りはナデシコ達が明確に認識しているようです。

今回はチームの守護神であるゴールキーパーの後ろに
ゴールポストを司る神がナデシコに味方したと思えます。

だからといって、彼女達が打ち立てた金字塔に
如何ほどのキズも付きません。
実力があってこそ神が護ってくれたのだと思います。

その神は、貴方たちの家族であり仲間であり
心から応援している人々の気持ちの集まりなのだと確信します。

|

« One for All, All for One. | トップページ | 魔の刻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« One for All, All for One. | トップページ | 魔の刻 »