« 久々に | トップページ | 梅雨明け、夏空。 »

2011年7月 5日 (火)

雷鳴

梅雨の真っ只中、突然、夜半の遠雷が轟く。
これが梅雨の仕舞い頃なら、梅雨明けの証となるところだが。
梅雨前線の移動に伴う雷らしい。
何事も科学的に解明されるのは如何なものか?
これで熱帯夜から解放されるなら、自然の力の偉大なことよ。

この1日からサマータイムに入った企業があるようです。
通勤に使う電鉄会社は節電ダイヤで運行されています。

まぁ、その実態は兎に角節電に取り組んでいます
といった対外的な言い訳あるいはアリバイ工作?   
   (最近は、これらをパフォーマンスといいますか?)

もっとも、通勤電車が節電の為に冷房温度を高く設定すれば
電車内で気分が悪くなる乗客が増える恐れがあります。
そうなると、急病人の看護の為に電車の運行に遅れが生じます。

どのエネルギーが経済的だの、声高な利権主張が続くなか
やはり自然の力は素晴らしいですね。
僅かに雷がなって一雨降れば、天然の空調効果に抱えられます。



|

« 久々に | トップページ | 梅雨明け、夏空。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々に | トップページ | 梅雨明け、夏空。 »