« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

偽水中で涼む

暑い最中、水辺をでも散策できたら・・・
そんな思いを抱きながら、都会から抜け出せない日々です。

そこで束の間、涼を求めて高層ビルの最上階に
水中生物を眺めに行きました。
珍しく写真撮影はOKでしたが、シャッター使用と動画はNG。
仕方なくISO値を最高めで上げて撮影しました。

魚の動きは意外に早く、デジタルカメラのシャッターラグが邪魔して
ベストショットはなかなか撮れませんでした。

S15t72img_2989_3  ユッタリした動きのクラゲなどは
 ピントが合い難い被写体で
 これもピンボケに成り勝ちです。

たまに撮れた被写体にはガンを飛ばされた?
94g15t72img_2930

最も無難な一枚はコレですかね。
S96g15t72img_2938

街では蝉の鳴き声が聴かれるようにも成りました。
節約の夏。
安上がりの暑気払いを色々思案中です。

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

王様の耳はロバの耳!!

某国で起きた高速鉄道の追突・脱線事故。
彼の国では落雷による設備故障が事故原因公表しています。
その一方で、緊急停止の安全制御システム信号
連絡体制などに問題があった可能性も囁かれている    とか・・・

何せ、営業開始を急いだ高速鉄道ですから、様々な揣摩臆測が
巷間に流されたようでもあります。

それよりも何よりも驚愕したのは、
自己車両を現場で埋めてしまった
こと。

嘗て、かの国で起きた民主化運動で、国軍に狙撃される国民や
戦車に踏み潰されそうになった市民の映像が全世界に流された。
爾来、少しも変わっていないのですかね? かの国は??

それにも増して驚いたのは、事故原因の究明に重要な
事故車両を原因究明前に地中に埋める・・・ とは。

しかし、事の真相は案外な形で地表を覆うか知れません。
真相は童話の世界より鮮明に現れる?

| | コメント (0)

2011年7月25日 (月)

そして誰も居なくなった・・・

角界を揺るがす大騒動のあと
本場所が久々に開催されました。

結果は白鵬の八連覇が阻止されたものの
その偉業に待ったを掛けたのは日馬富士で
何のことはないモンゴル勢が引き継いだだけでした。

今場所限りで大関・魁皇が引退し・・・
今場所に大関昇進をかけた琴奨菊がコケ・・・
気が付けば、日本男児の横綱・大関は居なくなりました。
これが国技か!?
外国人力士を排除する身持ちは無いが情けない。

この分では、横綱審議委員会も外国人の委員を招かねば
偏重の汚名を受けましょう。
流暢な日本語を操り、日本人以上に日本文化を愛する
そんな御仁に日本人の矜持を諮っていただきたいものです。

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

地上テレビのデジタル放送完全移行

本日をもって、テレビが完全地デジ化に移行します。
昨日は家電量販店の店頭で、デジタル放送に対応した
テレビを大安売りしていました。

報道などでは、デジタル化を知りながら対応に遅れた
消費者が少なくないようで、チューナの取り付けが間に合わず
来月まで待たされる人が出ているとか・・・

その一方で、これを機会にテレビと離れる人も出ているようです。
テレビ離れる理由はそれぞれですが、テレビを必要としない
人々が増えている実情があるのですね。

画像が綺麗だとか、データを送れるとか、利点を数々挙げますが
肝心な放送内容は技術革新に伴っているのでしょうか?

事実、フツーのテレビが売れ難くなっているようです。
地上波だけでなく、ネットに対応出来なければ不要。
そんな消費者もいるからだとか。

ワンセグもあれば、高機能携帯電話も人気を得ています。
いい加減にテレビ放送の惨状に気付いて欲しいものです。
ねぇ! テレビ界の皆さん  スポンサーの皆さん

| | コメント (0)

2011年7月22日 (金)

魔の刻

もう、ごく当たり前になった夕飯の賄い。
慣れなのか・・・
野菜をスライスする道具で指先をスライスしそうになる。
嫌な雰囲気の中、炊事を進めていて遂にやってしまった。

野菜を刻む途中で、指先を切りました。
日頃から危ない指添えをするので、我ながら危ぶんでいた
その矢先とでも申しましょうか・・

爪を貫通して指を切ってしまいました。
まぁ、こんなものでしょうね。
事故なんて偶然では起きないものです。
いくつかの悪しき事例が重なって、あたかも必然のように
起きるものです。

左の人差し指
案外、重要な働きをしてくれているのですよね。
とりあえず、キーボードを打ち難い!!

| | コメント (2)

2011年7月18日 (月)

ゴールポストに神が宿る

サッカー女子日本代表の皆さん
ワールドカップの初優勝を心から祝福します。

試合展開を観る限り、概ね米国有利で展開していますが
絶好の得点機会を生かせなかったのも米国でした。
その不遇が尾を曳いたPK戦だったのではないでしょうか?
それがサッカーですか?

いくら優勢に試合を征しても、たった一点に泣くのが勝敗です。
試合に勝って、勝負に負けた。
決勝の米国には、そんな印象を持ちました。
やはり世界で一番の実力を持つのは米国でしょう。
そこら辺りはナデシコ達が明確に認識しているようです。

今回はチームの守護神であるゴールキーパーの後ろに
ゴールポストを司る神がナデシコに味方したと思えます。

だからといって、彼女達が打ち立てた金字塔に
如何ほどのキズも付きません。
実力があってこそ神が護ってくれたのだと思います。

その神は、貴方たちの家族であり仲間であり
心から応援している人々の気持ちの集まりなのだと確信します。

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

One for All, All for One.

ラグビーのファンならずとも
この文節が、ラグビーにおけるチームワークを表してきたことは
承知の事実と思います。

一人はみんなのために みんなは一人のために
こう理解されてきた文節が、実は誤訳だという指摘がある。

こう指摘されれると素直に納得してしまいます。
確かに烏合の衆は、いくらシャカリキになっても、
目指す結果を出すのは難しいでしょう。

一人ひとりの自立した個人が、同じ目標に向かって役目を果たす。
その結果に限って得られるのが勝利だ。

思えば、明夜(日本時間)、サッカー女子のワールドカップで
決勝を戦う女子日本代表もまた
この All for one を実現しようとしている。

振り返って One for One, All for One.
とばかりの何処ぞの国会議員諸氏!
彼女たちのスパイクの泥を舐めて
己が起った時の青雲の志を思い出せ!!

あんっ!? そもそも青雲の志なぞ無かったと?

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

昔々のはなし

7月14日はフランスの革命記念日です。
かの国の現状はさておき、我が国では話題にものぼりません。

というのも、昭和30年代から40年代にかけてでしょうか、
我が国の国民の生活水準が向上するに沿って、
よそ様の国家行事を大仰に取り上げ、騒ぎだけは自国の
一大行事の如くに騒いでいた時代があります。
平たくいえば、他国の国家事業に便乗して飲めや唄えやの
大騒ぎをしただけですが・・・
その様は、あのクリスマスの大騒動にも匹敵する様相でした。

もっとも私は子供でしたので、その騒ぎを垣間見るのは、
テレビなどでパリ祭を大仰に祝う特別番組のみでしたが・・・

下世話な申し方をすれば、他人の褌で相撲をとるとでも
申しましょうか。

年に一度、シャンソン歌手の稼ぎ時でもあったような。
そういえばシャンソンを耳にする機会も減りました。
フランスでのシャンソンの人気はどうなのでしょうね。
我が国で演歌が精彩を欠くのと同様、
巷間で流れる機会は少ないのでしょうか?
新し好きの日本人と違い、かの国の人々は歴史を大切にして
日々を過ごしているのでしょうかね・・・

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

梅雨明け、夏空。

東京に空が無い
と、仰ったのは智恵子さんでしたっけ?

都会の空は、晴れていてもドンヨリ鉛色。
本来の色とはかけ離れた空が拡がっています。
彼女に限らず、都会で空を見出せない人は少なくないでしょう。

私のような田舎者でも、
長年都会に住み暮らせば、そうした精気の無い空でも
無関心になってしまいがちです。
それでも、時に見上げる空に季節の気配を感じると
一瞬、都会の喧騒を忘れてしまいそうです。

ビルの谷間に夏雲を見つけると
自然の猛暑と、人工的な熱源による熱波でさえ
忘れさせてはくれまいか??

90g15t72img_2810

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

雷鳴

梅雨の真っ只中、突然、夜半の遠雷が轟く。
これが梅雨の仕舞い頃なら、梅雨明けの証となるところだが。
梅雨前線の移動に伴う雷らしい。
何事も科学的に解明されるのは如何なものか?
これで熱帯夜から解放されるなら、自然の力の偉大なことよ。

この1日からサマータイムに入った企業があるようです。
通勤に使う電鉄会社は節電ダイヤで運行されています。

まぁ、その実態は兎に角節電に取り組んでいます
といった対外的な言い訳あるいはアリバイ工作?   
   (最近は、これらをパフォーマンスといいますか?)

もっとも、通勤電車が節電の為に冷房温度を高く設定すれば
電車内で気分が悪くなる乗客が増える恐れがあります。
そうなると、急病人の看護の為に電車の運行に遅れが生じます。

どのエネルギーが経済的だの、声高な利権主張が続くなか
やはり自然の力は素晴らしいですね。
僅かに雷がなって一雨降れば、天然の空調効果に抱えられます。



| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

久々に

久々に
電車の切符を買って乗車する。
日頃はパスモ(Pasmo)や、スイカ(Suica)を使うので
現金で切符を買う機会がなくなっていた。
小銭が必要で切符を買ったが
切符を手にした方が電車に乗る気分に成るような…
単純であります。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »