« キのネからツチのオト | トップページ | 二度の被爆国として何を成すすべきか・・・ »

2011年6月12日 (日)

雨期、緑葉そして紫陽花。

真言宗智山派別格本山 高幡不動尊金剛寺

ご町内の気安さから暇つぶしに訪れる古刹ですが、
改めて本来の寺名を記すとありがたいお寺さんとの思いを
新たにします。

この時期は紫陽花が見頃をむかえ、参詣の人々で賑わいます。
また新撰組の副長・土方歳三の菩提寺としても有名で
新撰組に思いを寄せる人々が多く訪れる古刹でもあります。

このたび、色濃くなった緑の木陰に、兼ねてから造営されていた
大師堂が落成し、お参りの人々が引きも切らず訪れていました。

1r15t72img_2691_2
 
 余談ですが、途切れない参詣者が居ない瞬間を
 撮るには根気が勝負です。

境内には携帯電話のカメラで撮影する一般の人々。
長ダマを装着した一眼レフと、三脚が自慢の俄かカメラマン。
様々な人々が思い思いに紫陽花を撮影していました。

15t72img_2760  
 私が撮影したコマの中から一枚。










|

« キのネからツチのオト | トップページ | 二度の被爆国として何を成すすべきか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キのネからツチのオト | トップページ | 二度の被爆国として何を成すすべきか・・・ »