« 初団扇 | トップページ | 一週間のご無沙汰 »

2011年5月15日 (日)

都合の良い言葉

先の東日本大震災では、既に承知のとおり
マグニチュード9.0という未曾有の大地震であり、
10メートルを越える大津波に襲われた大災害でした。
加えて、福島県の原子力発電所では津波に被災して
原子炉の爆発事故を引き起こしました。

これら一連の大災害や大事故に際し、
政府をはじめ関係者が発した言葉は異語同音のごとく。
想定外の事態ですので・・・・

そもそも想定とはなんぞや?
所詮は己が考えうる限界であり、対処可能な限界ではないか?
ここから先のことは考えたくない。
これ以上の対策をとるには多大な経費や労力が必要だ。
動機は不明なれど、結局は線引きでしかないのは明白です。

原子力発電所で事故など起こりえないとは
神をも恐れない傲慢さしかありません。
原発の無事故神話は何を根拠に線引きされたのか?

同様に
日本人が生肉を食べることはない
との線引きが為されたのやら・・・

生肉出荷の安全基準が無いとは。
生肉を提供した業者への罰則規定がないとは。
あのユッケの本場である韓国では、
生肉消費に関する厳格な法律と罰則があるそうです。

これなど、国民の食の安全を考える役所ならば、
当然のごとく辿り着く事例ではありませんか。
今回は流石に聞かれなかった想定外の言葉ですが、
思いは同じなのでしょうね。

この夏、節電によって引き起こされる混乱を想い
暗澹とした気分にさせられます。







|

« 初団扇 | トップページ | 一週間のご無沙汰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初団扇 | トップページ | 一週間のご無沙汰 »